駆け出しの映像翻訳者の日記です。洋楽、映画、海外ドラマの話、子育ての話、翻訳の話などを、不定期で更新中。ホントに、すごく不定期です。ごめんなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
クリスマスの恩恵かも。
みなさんは、どんなクリスマスでしたか?

お付き合いしている会社さんのうち
1社さんは今日が仕事納め、
もう1社さんは「いつが仕事納めなんだろう?」という感じなので、
まだ年賀状も終わってないのに
今日も私も頑張っています。(いや、午前中、けっこうダラダラしちゃいましたが)

クリスマスの時期に作業していたお仕事なんですが
23日に素材が届いて、25日のお昼ぐらいまでに納品という
ちょっとタイトなスケジュールでした。
英語圏の作品ではなかったので、かなり苦労もしたのですが
これが、ものすごく、すばらしい作品でした。

時々、訳しながらウルウルてしまったり、クスッと笑ったりするような
自分として「お気に入り」になるような良質の作品に出会うこともあり、
それがこの仕事のおもしろさの1つだとも思うんですが
(いや、私の場合、
 訳しているうちに気に入ってしまうことは多いのですけども)
今回のこの作品は 本当に良い作品で
少し重いテーマでありながら、根底にある前向きな気持ちみたいなものが
大げさになりすぎない感じで描かれていて
かなりツボでした。
駆け足で訳すことになったのが本当に残念です。
数日寝かせたら、もう少し良く仕上がったかもしれません。

…それでですね。
こんなすばらしい作品にかかわることができたのは
クリスマスのおかげではないかと思ったのです。

23日の午後から、24日はほぼ全部つぶして作業するわけですから
「イブの夜はデートです」という雰囲気を醸し出している
若手の優秀で美しい翻訳者さんよりは
新人ではあるものの30代も後半、
「あー、家ではメガネとジャージで作業してます、ワタシ」という感じの
私の方が声をかけやすかったのではないかと。
(↑本当にいつもジャージで作業してるわけではないですよ。
 むしろパジャマの方が…いえいえっ違いますとも。
 あ、メガネで作業していることは多いですけど)
実際、23日~24日は外せない予定があるということで
どなたかがお断りした後にお声がかかったのかもしれません。

23日の夜は子供たちを交えての忘年会&クリスマス会だったので
後で絶対後悔するだろうなと思いつつ
お酒を飲んでしまった意志の弱い私ですので
23日はあまり作業できませんでしたけどね。
クリスマスをつぶしてでも(子どもたちもいるので
完全につぶすことは不可能ですけども)作業する価値のある
良い作品でした。

ちなみに今年のこの忘年会は、
友達が地域の自治会館みたいなところを借りてくれて
そこでやったんですが、
大きなホールみたいなところで子供たちはいっぱい遊べるし
座布団やテーブルもあるし、カラオケまである。
(料理やケーキ、お酒を含む飲み物は持ち寄りでした。)
子供たちが騒いで他のお客さんに気兼ねしたりすることもないので
ママ達は結構リラックスして、しゃべることができました。
結構おススメかもしれません。

さー、もうすぐ仕事納めになるはずですので
あと、ひとがんばり。
大掃除に関しては、あと、ひゃくがんばり…。

冬らしい寒さが続いています
みなさんも体調等、どうぞお気を付けくださいね。

別窓 | 翻訳 | コメント:6 | top↑
少しへこんだりとか。
ちょっとご無沙汰してしまいました。
バタバタ、バタバタ、いろいろありまして、更新できずにいました。
昨日は久しぶりに布団でたっぷり眠って、今日はすっきりしてます。

更新できずにいた間に、へこんだりすることもありましたが、
その話を全部書くと大変だろうな、
あんまり多いと、読んでくださる方も
ちょっと大変だしな、と思いつつも
「えー?気になるぅ~!」という方のために(…いらっしゃいます?w)
少しだけ例をあげてみますと、

まぁ、たとえば夏ごろに納品した作品が商品になったのを観てみたら
うそでしょ?と思うようなバカな誤訳をしていたことに気づいたり。
(あ、でもチェッカーさんが直してくれていました。
 納品前に気付かなかった自分が情けないです
 アホか、と思われていたらどうしましょういや、思ってるか、やっぱり…)

あとはアフレコに参加できなかった吹き替えの
大元のクライアントさんへの納品用の原稿を
参考のためにもらったんですが
結構、直しが入っていたり。(現場ではさらに直しが入ったのかな、などと思ったり)

さらに、急に思い出したんですが
10月頃 映像がなかったよ、びっくりしたよと書いたトライアルの結果が
そういえば来てないな、ってことはダメだったのかな、と思ったり。

そして、急ぎの仕事ばかりが続けて舞い込んでいたので
全然といっていいほど仕事が終わらず
吹き替えの講座を1カ月ぐらい休んでしまったり。

などなどなどなど。

なかでも吹き替えの原稿の件は
私の書いたセリフを結構長めにして直しているところがあり
(語尾などをつけたして、セリフを長く修正している)
尺合わせ(※原音と同じ長さになるよう映像にせりふをあててみる作業)の
やり方自体に問題があるのかな、
それとも私のしゃべり方って、声優さんに比べたら
そこまでヘタクソでたどたどしいのかしら、などと思ったんですが

よくよく見てみると
「ここは見せ場でしょ!」と私が思った箇所ほど修正がなく
そういえばそういうシーンすべて、かなり念入りに、
しつこいほどに何度も尺合わせをしたな、と思ったんです。
(全体に、もちろん、何度も尺合わせしますけども。)

要するに、私が雑な仕事をしていたわけなんですよ…。
すべてのシーンに、もっともっともっともっと念入りに尺合わせをしていれば
私も何度も何度も言うのでセリフを言うのが上手になってくるw(←よく言うよ、と笑ってください!)
→声優さんのレベルに少しは近づく(←もっと笑ってください!)
→より正確な長さのセリフに仕上がる というわけなんですね。
もう、当たり前のことです。
反省です反省です反省です。
この経験は、これからにいかさねばなりません。ええ、本当に。

ところで、
ぜんぜん違う作品で、こちらは少し前に納品したばかりの作品なんですが
参考になりそうな書籍を探しているときに
アマゾンで 昔出ていたVHS版、というのを見つけました。
値段が1円だったので(!送料のほうが高いwww)
購入してみたところ、数日前に届きました。
それを今朝、途中までですが観てみました。
編集している内容が違って、
自分が翻訳をしたバージョンにはないシーンがあったり、
逆に削除されているシーンがあったりして、まったく同じものではなかったのですが
全体的にいい意味での「遊び」が入っていて
私が訳したのよりもずっと面白く仕上がっていました。
とっても勉強になりましたー。

まだまだ実力不足を感じてしまうことが多い今日この頃ですが、
嘆いていても 力がつくわけではないので、
がんばって、回を追うごとに良いものが仕上げられるよう、
丁寧に仕事をしていこうと思います。がんばらねば…!!!



別窓 | 翻訳 | コメント:14 | top↑
できる限り調べ上げる努力と論理能力。
少し実務系…と何度か書いた、文書翻訳の半分を納品し、
ちょっと一息ついています。

間に急ぎの映像関係の仕事がいくつかあったので
結局、先週一週間集中してやっと
少し形が見えてきたところです。

行き詰っていたときに6月号のアメリアの情報誌が届き
実務翻訳家の豊田憲子先生が
必要なのは「できる限り調べ上げる努力と、
たとえ駄文であったにしても、
ツッコミを入れつつ読み解いていく論理能力」という
お話をしていて、とても興味深く読ませていただきました。

今回私が訳していたのは
正直言ってよく知らない分野。
しかも 普段やっている映像翻訳のように映像があるわけでもなく
もちろんストーリーがあるわけもありません。
そしてドキュメンタリーのように1つの分野に絞っているわけでもないので
リサーチをしていても
いろいろな方向に話が飛んでいたので
正直半分泣きながら進めていました。

映像翻訳の世界でも台本翻訳などは
映像がありませんから、
文書の翻訳をしていることにはなるのでしょうが、
たとえドキュメンタリーでも
ある程度のストーリーがある台本の100ページと
1ページの中に
リサーチしなければならない項目がてんこ盛りのこともある
実務の100ページとでは
これといった専門分野を持たない私には
大きな違いがあります。

辞書にはカタカナと漢字の訳語の両方が載っていると
どっちで使うのが一般的なのか、ということも調べなくてはならないし
機械系のものが出てくると仕組みも分からなければ
分かりやすい訳文にはなりません。

でも、この豊田先生のお話を読んで少し光が見えた気がして
最後(…といってもこの後まだ半分あるのですが)に
スパートをかけることができました。

実は翻訳の勉強を始めたばかりのころ
豊田先生の授業を少しだけ受けたことがあります。
当時の私は「出版・実務・映像」の基礎を3ヶ月かけて学ぶ、というコースに
通っていたので、そのときに豊田先生の授業を少し受けました。
明るく、理路整然と解説する先生を見て
あのころもカッコいいなぁと思っていたのですが
現在の情報誌に掲載されている豊田先生は
若々しくてオシャレでとってもカッコいい。お話も毎回面白いんです。
私も10年後にこれぐら自信を持って仕事できていたら
いいなあ…と思います。

まぁ
ほんの少しだけですが、苦労しつつも
実務翻訳の面白さも味わうことができたという
ところでしょうか。

…かと思うと 同じ情報誌の「会社訪問」のコーナーには

「翻訳の品質についてクレームがついて、
クライアント企業まで謝りに行ったこともあります」という言葉が載っていたり

身が引き締まるような一言です。

お世話になっている会社さんにこういう迷惑をかけることがないよう
丁寧に翻訳しようと思いました。

…というか、こういう言葉にビクビクしないような実力を
早くつけたい、というところでしょうか。


別窓 | 翻訳 | コメント:6 | top↑
がんばれ、PCくん…ダメ?
少し前から不調を訴え続けている
私のPCくん…
昨日はフリーズの後 突然ネットがつながらなくなり
メールも見られなくなりました。

何度再起動してもダメで
何度かは何をクリックしても
うんともすんとも言わない

結局フレッツのサポートセンターのようなところに
何度も何度も何度も何度も電話して
やっとつながりましたが
こういうIDとかは 契約者である本人(ウチの場合は夫)じゃないと
ダメな時もあり
仕事中の夫まで巻き込んで
(帰宅を待っているとサポートセンターが終わってしまうので)
いろいろ確認してもらい
それからまた私がサポートセンターに電話して電話して電話して…

昨日の日中はほぼダメでしたね。
(ハナコのミニミニ発表会があったから
 もともと作業日としてはあまりカウントしていませんでしたが)
7時間ぐらい無駄にした気がしますね。

今日の10:00納期の仕事の
送信ボタンを押したのが09:57
すごーく疲れました。復旧してよかったけれど…

PCが悪いの???
以前もフレッツ接続障害とか、あったけど、それは今回関係なし・・・?

そろそろ本当に買い替え時でしょうかね。

SSTの導入を視野に入れて
PCを買い換えようとカ○バスさんに以前問い合わせたら
Dell,HP,IBMのように、余計なソフトがあまり入っていないものを
オススメしてくれました。

先日の直接講義で皆さんにうかがったら
ダイナブックを使っている方が多かったです。

何にしようかな…

「私のPC、
 ほとんど不調がなく、いい感じです」という方がいたら
ぜひ教えてください。

PC関係は疎いので、もうあまりドキドキしたくありません。

それよりも購入費用ですわ。
今月はNHKもあるし税金もある・・・
やっぱりちゃんと勉強して確定申告しようっと。
(還付されるのはずっと先ですけど)

別窓 | 翻訳 | コメント:10 | トラックバック:1 | top↑
通信講座を終えて。
夏から受講していた通信講座が終わりました。

課題を提出したのは先月が最後だったのですが
最後に「直接講義」という
通信講座を開講している学校でスクーリングのようなものがあり、
土曜日にその講義に参加してきました。

参加人数は受講生の数に比べたら
少なかったとは思いますが
みなさん、それぞれの事情の中で
やる気パワーをみなぎらせていて
よい刺激になるとともに、自分はまだまだだなぁとも思いました。

先生は、物腰柔らかく、丁寧なご指導で
そしてとても美しく、素敵な方でした
お会いできたのも嬉しかったです。

講座全体を通しての感想ですが、
やはり、自分の作った訳文を客観的にプロに見ていただくというのは
よい機会でした。
仕事をしていてもフィードバックまであることはほとんどなく
ネット配信されたものなどを見て、「あちゃ~」と思うこともあり、
台本などはどんなふうに変えられているのか、実際に見る機会もありません。
通信講座は通学講座に比べると
その場で質問できなかったり、クラスメイトからの刺激が少なかったり
ということもあるかもしれませんが、
今回は丁寧に見ていただき、そしていただいたご指摘が
すこぶる的確だったので、とても勉強になりました。
指摘されたことをしっかり肝に銘じ、今後にいかしたいと思います。

4月に隔週ですがスクールに通い、それもとても勉強になりましたが
我が家の子供たちには結構負担だったらしく、
通信講座で最後だけ講義に参加するというのは
家族にかける負担は少なくてすんだかな、という感触です。

最近はますます「勉強が足りないなぁ」と思うことが増え
今後も勉強を続けたいのですが
時間と費用との兼ね合いもあり、現在思案中です。
通ってみたい、受講してみたい、という講座はたくさんあるのですが…

さてさて
今週のお仕事は英訳のみで終わりそうです。
金曜納期のものが数本入っているので
前倒しして、ドラマか映画でも見たいなぁ、と思っています。
(先週も同じようなことを書きましたが
 結局急ぎの仕事をしていて、何も見られず「上手な字幕」のUPを
 できませんでした。ごめんなさい
 しかも、ボストン・リーガルの録画をし忘れるし
 再放送は気づいたら今日終わってるし
 ヘザー・ロックリアがゲストの回だったのに…
 結局有罪か無罪か分からぬまま…)

別窓 | 翻訳 | コメント:12 | トラックバック:1 | top↑
BACK | ミントの映像翻訳者への道 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。