駆け出しの映像翻訳者の日記です。洋楽、映画、海外ドラマの話、子育ての話、翻訳の話などを、不定期で更新中。ホントに、すごく不定期です。ごめんなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ジャイアンがやってきた!
うちにはジャイ子さまがいらっしゃいますが
この “ジャイアン” はまったくの別物でして。

ハナコの幼稚園では
毎年 “ザリガニつり” という、親にとってはあまりうれしくない行事があります。
我が家のザリガニも昨年ハナコが年少さんでつってきたやつなので
脱皮を繰り返しつつ、大きくなってます。
タロウが在園中に釣ったザリガニは 1年目で
ハナコのザリガニと一緒にしたら 他界しました。
けんかに負けたのかな…。
(そのときのタロウの取り乱し方は尋常ではなくて
 あまり思い出したくない…)
一応、魚用の“仕切り”を使って個室にしたのですが
脱走するぐらいのファイトがあるザリガニですから
仕切りぐらい、たやすく乗り越えてしまうわけです。

ハナコの幼稚園の今年のザリガニつりは来月なのですが
小学校でまで「ザリガニつり」に出かけてくれましてね
先生まで「昔の子供の意地で8匹釣りました」なんて
学級便りに書いてましたよ。
ねぇ先生が行きたかっただけじゃないの~とツッコミを入れたくなったのは私だけじゃないはず。
学校において観察するというなら まぁいいか
と思っていたら
「いっぱい釣れた子は家に持ち帰ってもいいんだって」

…(絶句)

「だって うちにはザリ子がいるじゃん…
 一緒にしたらまたケンカしちゃうよ~」(懇願する母、ちょっと弱気)

「大丈夫。しばらく“カエルホテル”に滞在してもらうよ!
 ね、ハナコ!」(こういうときだけ結託する上の2人)

「滞在なんて、難しい言葉知ってるのね~
 で、やっぱり、連れて来るの~」(この辺であきらめモード)

「あのボロボロのカエルホテルね…
 カエタロウとカエ子のホテル(古い水槽)ね…」(ため息)

しかも
「ぼくね~4匹釣れたんだけど
 ○○ちゃんと、△△くんは釣れなかったから
 分けてあげたよ」 (得意気)

……それって、お母さん、かなり迷惑してるんじゃ…(しゅみましぇん

それにしてもハナコのザリガニ、ザリ子も
うちに来たときはすごく小さかったけれど
1年たった今 巨大化しています。はさみなんて結構な迫力です。

今回カエルホテルに滞在中のザリガニはとても小さい。
よく見ると、結構かわいいいじゃん、などと思ったりして、
私もつくづく強くなったなぁと思います。(でも、まだ触れません)
しかし、ザリガニネタでこんなに長文になってるあたりがちょっと笑えますね。

それにしても、なんであの小さいザリガニの名前が「ジャイアン」なんでしょう?
基本的に我が家の子供たちの名づけ方はシンプル。
ザリィ、ザリ子、カエタロウ…
ぬいぐるみも、ぎんちゃん(皇帝ペンギン)、いる子(いるか)
アカタロウ(赤い色をしたクマ)、よるくま(絵本『よるくま』のクマに似ているクマ)…

あ、でも、フンボルトペンギンのぬいぐるみの名前は
「トカ子」でした。こっちのほうが謎かしら…。トカってなんだろう…



スポンサーサイト
別窓 | 育児 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ツルツルの肌。 | ミントの映像翻訳者への道 | ひ~え~・・・>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| ミントの映像翻訳者への道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。