駆け出しの映像翻訳者の日記です。洋楽、映画、海外ドラマの話、子育ての話、翻訳の話などを、不定期で更新中。ホントに、すごく不定期です。ごめんなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ジャイ子、入園へ。
大変な盛りでもありますが
かわいい盛りでもあるジャイ子さん、入園準備をはじめました。

夜中の作業だけではだんだん体が続かなくなってきたのと
普段お付き合いしている会社さんが
時々会社に出向いてお手伝いするという条件で
就労証明書を書いてくれるというので
そろそろかな、と重い腰を上げ始めました。

タロウは年中で入園するまでずっと家にいましたが
ハナコはジャイ子ぐらいのときに
週3日、9:00~13:00までという短い時間ですが
無認可の(今一時保育で利用している)保育園にいったことがあります。
当時、翻訳ではありませんが、昔の職場で
助っ人的にアルバイトしていたので。
期間も1年には満たなかったのですが。

タロウよりもハナコがしっかりしているのは
絶対この保育園の先生方のおかげだと信じているので
預けること自体には抵抗はないのですが、
3番目は最後の育児と分かっていると、やっぱりちょっと寂しくて。
「はっぱ」と葉っぱを2人で眺めたり、
アリさんをいつまでも見つめたり…

でも、自宅にいてもビデオを見せていたり
きちんと向き合って遊んであげられないのなら、
それはそれで かえってかわいそうなので…
保育園に行けばお散歩もいけるし、先生もお友達もいっぱい遊んでくれますし。

しかし、なかなか入れないという認可保育園。
4月入園の申し込みでも1月ごろなので
覚悟はしていたものの
中途入園は「ほとんど空きがない」という状況で
まず申し込みをしたら希望者を点数をつけて
(要するに切羽詰っている人から順に…ということで)
次の月の会議にかけて
点数の高い順から順に入園で、しかも入園はそのまた次の月から。
今すぐ書類を揃えて申し込んでも
運がよくて 7月からの入園というわけ。

少子化、少子化、と騒がれていても
こういうところは全然変わってないんですもんねぇ。
ホントに仕事をバリバリしたい友人が
「もう子どもは1人でいい」と言っていたのもちょっと納得。
(この友人は何事もはっきり言う人で保育園の入園についてもめて
 市役所で大ゲンカしてきたよ、と言ってた記憶があります)

当面 ジャイ子は今までお世話になってた
無認可の保育園にお世話になります。
本格的には、来週から、ですかね。
ちょっと寂しいけど、
お友達に囲まれて
いろいろな経験をして
強くなってくれるでしょう。(これ以上…?)



スポンサーサイト
別窓 | 育児 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<若い感性? | ミントの映像翻訳者への道 | 懲りない私。>>
この記事のコメント
何人かのブログを読んでると、少子化が実感できないんですよ。ミントさんはお子さん3人お持ちだし、ここにコメントを入れる方々も2~3人お持ちの方がいるし。でも、日本政府も出生率を上げたければ、保育園に入りやすくするとか、親が育児休暇(有給)取りやすくするとか、もっと工夫すべきですよね。

アメリカでは、共稼ぎしたいけど子どもを預けるとお金がかかって、デイケアに支払うために働いているようなもので家計の助けにはならないし。ということで、娘が小さいときは私もずいぶん悩みました。だから、アメリカでは在宅ビジネスが成長してるんだと思います。私たちの仕事も一種の在宅ビジネスになるんでしょうか。

ジャイ子ちゃんを家においておきたい気持ちはわかります。なんか、他人に預けると自分が十分かまってあげていない気持ちになりませんか。でも、同じ年頃のお友達との交流も社会性の育成には大事ですものね。今の時代、女の子も強くなくっちゃ。がんばれ、ジャイ子ちゃん!
2007-05-24 Thu 21:40 | URL | texmama #1NP1oYmY[ 内容変更]
texmamaさん、こんにちは~。そうなんですか、アメリカのデイケアも高いんですか。
上の2人は幼稚園に入れたので、3人子どもいる人も結構います。幼稚園は働いていないお母さんも多いですし、働かなくていいという家庭も多いですからね(笑)。しかしその中でも1人っ子は決して少数派ではなく、2人という家庭が一番多い印象ですね。友人たちでフルタイムで働いて保育園に預けている人たちは、少なくとも私の友人では1人っ子が一番多いですね。2人という家庭も多いですが、私の友達で、本当にバリバリやっている人は1人が多いです。ウチの姉の1人は公立の学校で養護教諭をしていますが、やはり、子どもは1人です。子どもを見ていると1人っ子でも、全然問題ないように思えますが、将来の日本を考えるということになると、ちょっと心配かもしれませんね。
ハナコが小さいとき、少し外で働いたときに、一番困ったのが病気になったときでした。実家が近い人は何とかなることも多いでしょうが、そうでない人は、たいてい母親が休みを取るか、何度も休んで肩身が狭いときなどは、本当に数少ない病児保育や(1日1万円ぐらいかかります)、もっと高いベビーシッターを頼むことになります。(ベビーシッターはアメリカの方が普及してそうですよね。)そうなると、texmamaさんの言葉を借りれば、預けるために働いているようなもので、下手をすると保育料の方が高くなってしまいます。こういう援助とかは、お金持ちの政治家が決めるんじゃなくて、もっと国民の声を反映できるようにならないものかな~。ちゃんと選挙も行かなくちゃダメですね(笑)。
お~と、ものすごく長くなってしまいました。ごめんなさい。
texmamaさんの「がんばれ、ジャイ子ちゃん!」のお言葉、涙が出るぐらい嬉しかったです。ありがとうございます!元気が出ました~!
2007-05-25 Fri 06:04 | URL | ミント #-[ 内容変更]
ジャイ子ちゃん入園されるんですね。私もはるが入園するまで、空きがなかったのと、月齢が少し早かったせいもあり、半年待つことになりました。本当はある程度はそばで一緒に成長していきたかったのですが、就職せざるを得ず、入園させました。始めは、「バイバイ」する度に泣くはるを見て、本当によかったのか・・・と悩むこともありました。でも今は保育園に連れて行くとすぐママコに「ばいばい」してさっさと教室に入っていく息子をみるとあの頃がうそみたいです(笑)
家にいるとどうしてもお友達と遊んだり、外に出て遊ぶことが少なかったので、今はお友達と外に出て季節を味わい、ともに成長している姿をみると入園させてよかったなぁと思います。
きっとジャイ子ちゃんなら大丈夫です☆☆たくましくまた一段と成長して、両親を驚かせてくれると思います♪♪
そして子どもだけがドキドキするのではなく、親である自分が一番ドキドキしていたように思います。またこれが最初の子離れなのかもしれません。でも家に帰ってきたらママコにべったりのはる(笑)そのときはぎゅ~っと抱きしめています♪もしかしたら母親である私の寂しさも無意識のうちにわかっているのかなぁと思ったり・・・(笑)
2007-05-25 Fri 10:04 | URL | ママコ #-[ 内容変更]
ママコさん、こんにちは~。ひえ~はるたんも半年も待ったんですか!やっぱり入園は難しいんですねぇ・・・(ちょっと遠い目)。
温かいお言葉、ありがとうございます。そうなんですよね、保育園に行くとママと2人でいるよりも季節を味わったり、お友達といっぱい遊んだり、といいこともたくさんあるんですよね。3年前くらいに、ハナコを預けたときはちょうど1か月で泣かなくなりました。ジャイ子も泣くのは最初だけで、きっともっと成長してくれますよね。いや~私、子離れ、できてないんですよ。自分の方が寂しいんですよね、なんだか。でもその分自分ももっと前進して、成長できるようにがんばります!ジャイ子とはるたん、同じくらいですもんね。お互いがんばりましょう~ありがとうございました!
2007-05-25 Fri 12:11 | URL | ミント #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| ミントの映像翻訳者への道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。