駆け出しの映像翻訳者の日記です。洋楽、映画、海外ドラマの話、子育ての話、翻訳の話などを、不定期で更新中。ホントに、すごく不定期です。ごめんなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
語彙を増やそう!
日本語でも
ビジネスの場面と普段では使う言葉が違うし
テレビもニュースの言葉とバラエティやドラマの言葉は
まったく違ってますよね。

あたりまえですが 英語はネイティブではないので
例えば TOEICによく出る言い回しや
学生時代に覚えた言葉 英会話で習う日常レベルの言葉
ドラマでもよく観るジャンルによく出てくる言葉
などと 自分の語彙に かなり偏りがあることに 
いまさらながら 最近気づきました

あとは 聞いてわかるけど
しゃべるときは使わないだろうという言葉もありますね。

他に 1つの大きな意味しか知らないような言葉とか。

例えば jerk。
よく ドラマなどでは出てきますよね。
いやな奴!っていうときに What a jerk! と言ったり
He is a jerk!言ったり。

今回抱えている仕事では 動詞でイディオムで登場しました。
jerk~around で「~を悩ます。だます」
jerk around だと「ぶらぶらする。のらくらすごす」などの意味もあります。
(TOEICなどには出なさそうですけどね…)

ドラマなどでは
役柄によっては look や turnなどという
言葉を使った イディオムのような言い回しばかりする人もいて
これは けっこうリスニングが大変だったりします。
逆に 知ってさえいれば 難しい言い回しの1語の方が
簡単な気もしませんか?

いまさらながら 語彙を増やそう!と実感する今日この頃。
これをいちいち調べているからスピードも身につかないのかしら。
一朝一夕ではダメなので 日々 意識して増やしていくしかないのでしょう。

映像翻訳ではどのような場面でも想定されるので
あらゆるジャンルに対応する力が求められます。
TOEICなどのようにビジネスシーンで通用する語彙から
ギャンググループの若者が使いそうなスラングまで。

まだまだ 道は続きそうですね

でも千里の道も一歩から。ですからね








スポンサーサイト
別窓 | 英語 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<一段落。。。 | ミントの映像翻訳者への道 | 今週は特に。>>
この記事のコメント
TOEIC960はすごいですね。
僕も見習いたいものです。
2007-03-11 Sun 07:35 | URL | Nero #SFo5/nok[ 内容変更]
Neroさん 初めまして。ご訪問ありがとうございます。
ワタシは最初からこのスコアだったわけじゃなく、700~800をうろうろしていた期間が一番長かったように思います。
語学の勉強はゴールが見えませんが、お互い がんばりましょうね。またお待ちしてます。
2007-03-11 Sun 13:50 | URL | ミント #-[ 内容変更]
私の一番の悩みどころです~。映像翻訳はとても広い範囲でカバーしなければならないですよね。自分では決して使わないような単語も、おぼえなきゃならないからたいへんですよね。ミントさんは、どんな方法で覚えていますか?
2007-03-12 Mon 07:00 | URL | Juliet #-[ 内容変更]
Julietさん こんにちは。ホント語彙は広範囲ですよね。以前Julietさんがおっしゃっていたように、出会う分だけ、というのは最近わかる気がしてきました。同じジャンルのドラマには何度も出てくるので。しかし、TOEICなどの資格試験などのためにはやはり、意識して覚える必要がありますよね。私は試験前などは普通に(?)ノルマを決めてやりました。しかし、なかなかゴールは見えませんね。。。お互いがんばりましょうね。
2007-03-12 Mon 16:44 | URL | ミント #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| ミントの映像翻訳者への道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。