駆け出しの映像翻訳者の日記です。洋楽、映画、海外ドラマの話、子育ての話、翻訳の話などを、不定期で更新中。ホントに、すごく不定期です。ごめんなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『レ・ミゼラブル』
日本での公開から1カ月あまりたちましたが
やっとこさ観てまいりましたヨ、『レ・ミゼラブル』。(公式サイトは音が出ます)

いやー ホント とにかく
すんばらしかったです
エンドクジットが終わっても涙が止まらず
ちょいと困りましたですワ。

リーアム・ニーソン主演の過去の作品なども
すばらしかったですが
ミュージカル映画として
全く違うものに仕上がっていましたし
これは絶賛の嵐なのもうなずけますなぁ。

称賛されまくっている
ヒュー・ジャックマンとアン・ハサウェイの
すばらしさは いまさらワタシがここで熱く語る必要もないでしょう。
この2人は個人的にも大好きなので
どんな役を演じても好きですが
今回は もうすばらしすぎて言葉が見つからないほどです。
(翻訳者としては それじゃ困るダロというツッコミはナシで
 お願いします)

歌ったらロックっぽいイメージかなぁと
勝手に思っていた(ゴメンナサイ
ラッセル・クロウも今回は全く違うイメージで見事でしたし

アマンダ・セイフライドの
透明な歌声と透き通るような美しさも
心が洗われるようでした。

ここでヘレナ・ボナム=カーターや
エディ・レッドメインのすばらしさも
語りたいところですが

今回 チョー個人的に
注目すべきと勝手に思っているのが
若きリーダー、アンジョルラスを演じたアーロン・トヴェイト。

元々 舞台で活躍している俳優さんなので
歌がうまいのは当たり前かもしれないですが

見事な歌唱力と美しい立ち回りで圧倒的な存在感でした。

人気ドラマ『アグリー・ベティ』や『ゴシップ・ガール』にも
出演していましたし
見覚えのあった方もいらっしゃったかもしれませんが

同一人物だってすぐ気づきました???

舞台で様々な役を演じた画像や映像を見ると
どれも同じ人とは思えないほどです。

確かな演技力+歌唱力を持った俳優さんですし
ますます活躍の幅を広げていくことでしょう。
要チェックですワ

こちらがドラマ出演時のアーロン・トヴェイト。


こちらは今回のアンジョルラス役のアーロン・トヴェイト。


ネタバレにならなさそうな程度で見つけた動画はこちら。



ちなみに、うちの近所の映画館は
平日の朝イチの回は
ヘタすると ほぼ貸し切り状態の時もあるのですが
『レ・ミゼラブル』は公開から1ヵ月以上たった今でも
ワタシが観にいった日も(割引きの日とは言え)すごい混雑でした。

リピーターの人も結構いた模様。
ワタシもできたらもう一回劇場で観たいデス

新演出版の『レ・ミゼラブル』が日本でも4月から各都市で上演されるみたいですね。
詳しくはこちら
これも行きたいな~。



スポンサーサイト
別窓 | 映画・ドラマ | コメント:0 | top↑
<<サポサポ project | ミントの映像翻訳者への道 | 今年初のライヴ・レポ~ト♪>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ミントの映像翻訳者への道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。