駆け出しの映像翻訳者の日記です。洋楽、映画、海外ドラマの話、子育ての話、翻訳の話などを、不定期で更新中。ホントに、すごく不定期です。ごめんなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ようやく1週間。
このたびの震災で被害にあわれた皆様
大切なご家族やご友人が
被害の大きな地域にいらっしゃる方々に
心よりお見舞い申し上げます。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに
1人でも多くの命が救われることをお祈りしています。

私自身が内陸部ではありますが東北の出身です。
また、このブログに遊びに来て下さる方や
ブログを通じてお付き合いさせていただいている方の中にも
被害の大きかった仙台や福島、
および東北の沿岸部のご出身だったり、
大切な方が被災地にいらっしゃる方々が
いらっしゃいます。
私の知人の中にも津波の被害に遭われた方もいますが
(幸い、命は助かったそうです)
みなさん懸命に頑張っていますよ!

今も避難所で不自由な生活をしている方々や
ご家族、ご友人の皆様の不安な心が
少しでも和らぎますよう、毎日祈っています。

知人には消防署のレスキュー隊や
自衛隊関連で、危険を顧みずに
復興の支援にあたっている人々がいます。
また、被害を最小限に抑えようと
原発の関係者の皆さんも
懸命に作業にあたってくれています。
そういった人々に感謝するとともに
心配な気持ちを抑えて、その活動や作業を支え
現地に送り出しているご家族の人々には
敬意を感じずにはいられません。

私の住んでいる地域は
関東地方といっても、すごい田舎なので
固定電話の復旧がその他の関東地域より遅かった上に
携帯は自宅で電波が悪く、
さらにe-mobileは夫が職場に持っていっており
当日、夫は様々な対応に追われて泊まりこんでいたので
ネットに接続するのがかなり遅くなってしまい
多くの方々にご心配をおかけしてしまいました。
ブログ上やfacebook、mixi、twitter上で
ご心配くださった方々
メールやメッセージをくださった方々
本当にありがとうございました。
&ご心配をおかけしてしまってごめんなさい。

近所に住み、同じソフトバンクユーザーの友人は
電波が悪くてメールもできないしネットもつながらないから
駅まで行ってきたわ。と言っていましたが
愚鈍な私は全然頭が回っていませんでした。

ブログを通じてお付き合いのある方々からも
ご心配いただいておりましたので
できるだけ早く更新したかったのですが

バタバタしてしまっていて、申し訳ありませんでした。

震災後、土、日と呆然としていたら
いろんなバタバタに加えて
週明けの仕事も全然終わっていなくて
焦りまくってしまい…
ネット接続が復活してからも
皆様のブログなどにも
あまりお邪魔できず、すみませんでした。

(※この業界、こんなときでも普通は納期が延びたりしないと思うのですが 
  私は1つの案件に関しては締め切りを延ばしてもらえて
  かなり、精神的に楽になりました。
  (そして、その申し出に遠慮なく甘えてしまった…)
  それでも数日間の仕事の遅れを取り戻すのは
  結構キツイものがありました。
  今回、自分のスケジュールの組み方も、大いに反省しました。)

個人的な意見で恐縮ですが
日本人の、そして東北人の長所の1つに
「粘り強さ」があると感じています。
今後、完全に復興するまでに時間はかかっても
この「粘り強さ」があれば
絶対に頑張っていける、と信じています。

私には募金や節電、節約くらいしか
今はできませんが
できることを少しずつしていこうと思います。

ようやく1週間。
いつも月日がたつのは早いよ、早いよ、と言っていますが
この1週間は長かった。

余震や新たな地震も続きますが
(この記事を書いている間にも揺れました)
みなさん、お気をつけてお過ごしくださいね。

徐々にテレビなども通常の番組枠が復活しているようですね。

こんなときだからこそ、
楽しい番組を観たら、思い切り笑いましょうね!
(テレビも節電のためには自粛も必要ですが)

(※↑不謹慎に感じてしまった方 or
  気分を害された方が いらしたら、ごめんなさい)

「まだ笑えないよ…」という方は
「泣ける番組」とかで思い切り泣いてもいいと思います。
(泣くことにはストレス解消の効果があると
 以前NHKの「解体新ショー」でやってました)
私も落ち込んだ時に、わざと「泣ける映画」を観て、
“デトックス”することがあります。
不思議とスッキリしたりしますよ。

テレビや映画に限らず、
いろいろなことで、みなさんのストレスが
少しでも軽減しますように。

現実を見つめることはもちろん大切ですが
少し目をそらして、笑ったり泣いたりすることも
大切かもしれないと感じています。。。

復興のお手伝いをするためにも
私たちが元気出していかないと!!!

(※とは言っても、誰しも様々な不安があるもの。
 ムリに元気を出せ、と言われても困りますよね。
 ごめんなさい。
 せめて、不安な時は不安だ、怖い時は怖い、と
 誰かに吐き出しましょうね…!)

被災地にいらっしゃる方や
まだ余震などに不安を感じている方々、
あるいは
被災地からは遠くても
あるいは被災地に知り合いなどがいらっしゃらなくても
(※たくさんのご心配や励ましをありがとうございます!)
とにかく東北にいようが関東にいようが関西にいようが
日本中のみなさんが、心配していたり不安に思っていたりするはず。
そして、こうやって心配するだけでも
かなり精神的に疲れているのではないかと思っています。

どうぞ皆さん、お疲れが出ませんように!!

(※支離滅裂な投稿でスミマセン)
スポンサーサイト
別窓 | つれづれ | コメント:8 | top↑
<<新年度始動。 | ミントの映像翻訳者への道 | 『ソウル・キッチン』>>
この記事のコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-03-20 Sun 16:20 | | #[ 内容変更]
ご心配ありがとうございます!
実家の方は停電が続いたのがきつかったようですが(寒い時期でしたから)、大きな被害はありませんでした。
沿岸部の親戚や知人は大変だったようですが…。

ホント、少しずつですが、みんなでできることをしていきたいですよね!
がんばりましょう!

2011-03-21 Mon 09:10 | URL | ミント #-[ 内容変更]
このコメントは管理者の承認待ちです
2011-03-22 Tue 05:20 | | #[ 内容変更]
こんにちは。

>日本人の、そして東北人の長所の1つに「粘り強さ」があると感じています。

その通りだと思います! 被災地の方々が辛い中でも明るい笑顔で話されている映像を見ると、ホッとすることさえあり、逆に元気づけられているのはこちらなのかも…と感じます。諦めず、粘り強くこの困難を乗り越えられる日が1日も早くくることを願うばかりです。

ご実家や知人の方のご心配はもちろん、ミントさんご自身も停電等でお疲れも出ているころと思います。体調にはくれぐれも気をつけて下さいね。
2011-03-22 Tue 11:40 | URL | あい #-[ 内容変更]
この約2週間の間に、たくさん心配してもらったり励ましてもらったりしてきましたが(ミントちゃん自身も、被災地に近しい方々が大勢おられるにも関わらず)、そういったことについてのお礼は個人的に伝えさせてもらうとして・・・

これは嫌味や怒りの感情で言うのではなく、単に思ったまま言っているだけなので誤解しないで欲しいのですが、家族や友人など自分に直接関係のある人が被害に遭っていないと、こういった状況を自分のことのように捉えるのはなかなか難しいのかもしれないと改めて感じています。(※もちろん、被災地に知り合いがいてもいなくても、真剣に考え、積極的に行動を起こしてくれている人たちや、ミントさんの知人の方々のように危険を承知の上で日々頑張ってくれている人たちもたくさんいます。)

「何を馬鹿なことを!被災地外でもいろんな影響が出ているし、毎日毎日余震や原発の状況に怯えてるよ!知り合いがいなくたって、テレビで被災地の様子を見たら辛くなるに決まってるでしょ!募金もしたよ!」と思われるかもしれません。でもそれはあくまでも、被災地外にいる自分としての状況や感情ですよね。自分が今、被災地にいる人たちの一人だったら、一体どんな状態でいるだろうかとリアルに想像した上での怯えや悲しみとは少し違うのではないかと思います。

両親や親戚の多くが宮城にいる私でさえ、彼らの今の気持ちを100%正確に想像したり同じように感じたりすることはできません。ましてや、過去に外国で大災害が遭った時などは、自分では本気で心配し心を痛めたつもりでしたが、いざこうして自分の家族や友人が被災した場合に比べると、まだまだ心配の度合いが軽いものだったということにも気づかされました。ですから、被災者の立場になって完璧に気持ちを察することができないことを、酷いだの冷淡だのと責め立てるつもりはまったくありません。

ただ、完全に正確に想像するのは無理でも、一瞬でもいいから本気で「想像してみる」努力をし、擬似的にでも痛みを分かち合えたら、被災者の人たちが本当に必要としていることや「自分だったらこんな風に考えてみて欲しい」ということが自然と頭にも心にも浮かんでくるのではないかという気がします。

そして、「原発の情報、テレビで言われていること以外にも本当は何かあるんじゃない?」と思わずにいられない方々もたくさんいらっしゃると思いますが(正直、私もその一人です)、その考え方を被災者の方々についてもあてはめてみて頂けたらと思います。「被災地の人たちは気丈にふるまっていて、涙をこらえて協力し合っていて強いな。」と思うだけで終わらせず、「でも、こうして表に見えている部分がすべてじゃないんじゃない?気丈に振舞うかげに、もっと他のことがあるんじゃない?」と、思いやりの気持ちをこめて「裏を読む」ということをして頂けたら、と勝手に願っています。

自分のブログでもないのに、長々とごめんなさい。でも、ミントちゃんが言うように、今は打つ手がないように見えることでも、きっと大丈夫。すぐに解決できることじゃないから不安になるけど、すぐに解決できないなら時間をかければいいのであって、大勢が協力し合えば何年かかっても必ず上手くいくと信じています。
2011-03-24 Thu 17:28 | URL | もとこ #YIvnEmp2[ 内容変更]
ものすごくお返事が遅くなってしまって、ごめんなさいe-330
メールさせていただきました!

本当に温かい言葉をありがとうございます。
地震発生時は子供たち全員、幼稚園、学校にいたので、みんなそれぞれ大きいテレビが倒れてきたとか、花瓶が割れたとか、怖かったみたいです。関東でこうなのですから、もっと被害の大きな地域では…とかなり心配ですよね。

カギコメさんの地域でも大変だったようですので、どうぞ今後もお気をつけてお過ごしくださいね。いろいろなことで、ご無理なさいませんように!
2011-03-28 Mon 04:12 | URL | ミント #-[ 内容変更]
あいさん、お返事遅くなってしまってごめんなさい!

週末、法事であいさんの地域に近い方に行きましたが、Y駅も節電で暗かったですね。でも、人間、慣れれば何とかなるものです。今までが明るすぎたのかもしれないですよね。

日本人の美徳というのでしょうか。イギリス在住のコラムニストさんも言ってましたが、カメラが向けられていないところではきっとたくさん泣いているのだと思います。そして、その悲しみは想像を絶するものだと思いますが…。だからこそ、応援して行けたら、と強く思います。

私たちも、今、できることだけでもしたいですよね!
何と言うか、今後は私たちの世代と、その子供の世代で、時間がかかっても立て直していきたいな、と思います。
2011-03-28 Mon 04:18 | URL | ミント #-[ 内容変更]
お返事遅くなって、ゴメンね!

そうだよね、確かに、実際にその場にいる人の気持ちは計り知れないし、そして、完全に理解はできていないと思う。私もそういう意味では反省すべきことがとても多いと思います。
そして、今までの他の災害の時のことでも反省すべきところは本当に多いと思う。今回の地震のことはもちろん、今までの事も考えさせられることは多かった。

ただ、私の周りを見ていると、「今、こんなことを、私がしていていのか」と、“必要以上に”自粛ムードみたいのも多い気がする。「自分だけ安全な場所にいて申し訳ない」「自分だけ楽しいことをしちゃいけない」みたいな…。難しいよね。そういう気持ちがあるからこそ、みんな節電や停電に協力しているはずなんだけど、何と言うか、それぞれにできることを頑張っていくしかないのかな、とも思います。何だか見てて気の毒になっちゃう人もいるよ…難しいよね。
2011-03-28 Mon 04:31 | URL | ミント #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ミントの映像翻訳者への道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。