駆け出しの映像翻訳者の日記です。洋楽、映画、海外ドラマの話、子育ての話、翻訳の話などを、不定期で更新中。ホントに、すごく不定期です。ごめんなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
字幕もいろいろ。
うにゃー、昨日は久しぶりにちゃんとお布団で寝ました。
しかも夜9時から朝5時まで、たっぷり8時間。ぐぁぁぁ・・・スッキリしました。

先週は、久々にちょっとキツかったのです。
私はまだまだ駆け出しの新人なので、暇な時はものすごーく暇で
1週間や10日くらいは、プチ失業状態になってしまうこともあるのですが、
重なる時は何で?というくらい重なってしまいます。

さすがに「これは1日48時間ぐらいなきゃ無理だろう」というときは
恐れ多くもお断りせざるを得ないのですが
「うー、がんばればできるかも」と思うと、やはりできるだけおうけしたい気持ちもあります。
実際、続けて断っていると、お声がかかることが減ってくる気がします。

今回は仕事の種類も複数で(英日で字幕、日英で吹替、字幕チェック・・・というような感じで)
なかなか頭がうまく切り替わらず、まだまだ実力不足を感じました。

ところで、前々回くらいに「いつかエリオットのインタビューに字幕をつける」という
壮大な夢を宣言してしまったのですが、
10月発売のプレミアム・エディションのDVDを、昨日、やっとじっくり観ました

で、今さらなんですが、
音楽関係の番組って、字幕のつけ方が普通の字幕のルールと大分違いますよね。

WOWWOWやBSトゥエルビなどで放映されるライヴ映像や
地上波でも「ROCK CITY!」などの音楽番組でのインタビュー映像などでは
普段の、いわゆる字幕翻訳で基本とされているルールとは明らかに違います。

普通は横字幕の場合、1行13文字とか14文字とか、それぞれのクライアントに合わせて
大体は13~14文字程度だと思うのですが、(そして、2行まで)
音楽関係の場合、これは当てはまっていませんよね。(スポーツとかは、どうなんでしょう?)

今回のDVDのエリオットのインタビューも
長いところで(たぶん)1行24~26文字
そして、「、」「。」もついていました。

例を挙げると

ファースト・シングルはもう決まって、ワクワクしてる。

とか

最初は、アコーステッィク・ギター一本で作ったんだ。

とかです。(「中黒」(・)も半角ではなく、全角でした)

面白いですよね?
普通なら、2行に分けますし、「、」をつけたかったら「半角アケ」ですし。。

ワタクシ的には、20文字以上の長い字幕も
さほど読みにくいとは感じず、
むしろエリオットの映像が字幕で隠れなくて嬉しい、とか思ったんですが
(いや、こんなことで喜んでるのは私だけ??)
ちゃんとした理由があるんでしょうかね?

この長ーい字幕は、1月のBON JOVI の東京ドームのライヴのWOWWOWの中継でも
ありまして、(なんか、例がひどくワタクシの趣味に偏ってますが、ご容赦を)

カメラに向かって笑えば 家でお母さんが見てるかもよ(1行24.5文字)

とか

みんなとここで喜びたいのは
なんとアルバム「ロスト・ハイウェイ」があのビートルズをも超えて
(30文字近く!)

とか

またこの14回目のツアーはあのローリングストーンズをも超えて(1行30文字以上!)

とかもありました。(ちなみにWOWWOWのものは「、」や「。」はナシ、中黒も半角でした)

あと、今回のエリオットの来日時のインタビューが
日テレ系で放映されたんですが
その時の字幕は1行14~15文字ぐらい。まぁ、ほぼ普通のルールと一緒ですかね。

例を挙げると

普通の生活ができるということを
みなさんに知ってもらいたいんだ 
(15文字×2行) (「NEWS ZERO」放映分より)

ファンのみんなを
がっかりさせるのは嫌だからね 
(14文字) (「スッキリ!」より)

などです。

字幕つながりですが、日本の番組のバラエティなどでは
「面白い発言」などをそのまま字幕で出すことが最近多いですよね。
(アメ・アイでもコンテスタンツのしゃべり部分で一度見かけた気がします)
あれって、面白いですが、翻訳者泣かせでもあります。

今回は「うぎゃー」とかそういう声を(例を少し変えてあります)
テロップに出さねばならず
すごく、困りました。ネイティブに聞いても「・・・難しいね」と言われたり。。。

こういう声って、ぴったりな言葉がないこともありますよね。
口の動きが「あ」だったら、それなりに「あ」の口になる英語を考えなくては
ならないし・・・
(*ぴーなっつさん、アドバイスをありがとうございました

何でもかんでも字幕で出すの、ちょっとやめて欲しいな、と思った一件でした。

再び、エリオットのDVDの話に戻りますが、
今回、インタビューの中で in the same boat という
まぁいわゆる「同じ境遇にある」というイディオムを

僕とユウサクは、同じ船に乗っている。

と「同じ船」と訳してありました。
私なら、きっと無難に「境遇が似てるから」と訳してしまったでしょうが、
あえて「船」を出しているのが なんだか新鮮でした。

**追記**

ところで、今回、日英の方の仕事を、1ヶ月ぶりぐらいにしたんですが、
いろいろな面で、サクサク進まず、勉強不足だなぁと思って
チラチラ英語関係の雑誌を見ていたら、↓この本に、エリオットのインタビューが載っていました!
AERA English (アエラ・イングリッシュ) 2008年 09月号 [雑誌]AERA English (アエラ・イングリッシュ) 2008年 09月号 [雑誌]
(2008/07/23)
不明

商品詳細を見る

あの!アエラ・イングリッシュの編集部のご担当者様!
ちゃんと、表紙にもエリオットの名前を載せてくださいませ!お願いします!
見逃してしまうではないですか!!!
ちなみにこちらで、インタビューの様子が動画で見られます。
あー、あのクッションになりたいな…(←ええかげんにせえよ。。。)







スポンサーサイト
別窓 | 翻訳とつれづれ | コメント:10 | top↑
<<ついに購入。 | ミントの映像翻訳者への道 | ミニライヴ・レポート♪>>
この記事のコメント
久しぶりにおふとんに寝たなんてどんだけ忙しいんですか~!!本当にご苦労様ですv-406

僕とユウサクは、同じ船に乗っている
の文ですが、なるほど~。

「同じ境遇にある」に対して、「同じ船に乗っている」は、これからも運命共同体だよというようなニュアンスを感じます。この二人の背景を考えると「同じ境遇にある」の方がシックリくるかな?と個人的には思ったり。(生意気~)

翻訳家さんは言葉を訳すだけじゃなくて、それを発している人の気持ちを汲み取ったり、背景を考えたりするのも必要なお仕事なんですね。・・・難しいっす!
ますます尊敬・・・。
2008-10-22 Wed 15:28 | URL | ぼたん #aiMm5YXE[ 内容変更]
こんにちは!いえいえ、暇な時は暇なんですよ。今週は結構余裕があるので、プレミアム・エディションとホリディ・アルバムの方を堪能できそうですe-266

そうそう、私なら何にも考えないで、「同じ境遇」とか訳していたと思います。これは、きっとわざとなんでしょうかね。。。?

それと!追記で書いた件です。もうご存知かもしれませんが、アエラ・イングリッシュにエリオットのインタビューが載ってましたー。すんごい、びっくり&嬉しいです。もし、まだご覧になっていなかったら、ぜひぜひチェックしてくださいませ。マムの話が結構出ていて、ちょっとウルウルします。動画もいいですよe-446
2008-10-22 Wed 16:30 | URL | ミント #-[ 内容変更]
どういたしまして。お礼なんかいらないのに~(赤面)

私も2~3日本のTV番組に字幕をつけましたが、翻訳会社でハコを切る人が日本語を話さない人らしく、「うう・・・」「おりゃ~」みたいなうめき・叫び声とか、俳優が短いセリフをゆっくり話すようなとき「でも・・・」「そんな・・・」だけでハコを切ってたり、そういうときは困ってしまいます。

英語で台本がなくて聞き取らなきゃならないときも大変ですが、日本語でも下手な若手女優とかがぼそぼそしゃべってるのを聞き取るのはけっこう難しいですよねv-406 ミントさんはそういう経験あります?英米の俳優のほうが発音がしっかりできてて聞き取りやすい人が多い気がするんですけど、どう思います?
2008-10-23 Thu 12:37 | URL | ぴーなっつ #1NP1oYmY[ 内容変更]
どうもです!先日はありがとうございました。時間を見つけて、コミック系のものを探して今後の参考にしようと思っています。次に同じような場面の時にあわてないよう・・・

ぴーなっつさんは、日英はドラマや映画が多そうですね。私は日英に関しては、フィクション関係はあらすじなどの文書ばかりで、映像が加わるのはドキュメンタリーやバラエティがほとんどなんです。だから、困るのがお笑い芸人のどーしようもないギャグ(←失礼!)とか、街頭インタビューとかのわけの分からない日本語(←かなり失礼!)です。「ちゃんとしゃべってくれ!」と画面に向かってつっこんでしまったり・・・年とったってことでしょうかね。でも、ぴーなっつさんがおっしゃるように、ボソボソしゃべって分からないことって、結構あります。基本的に日本語の番組でも「書き起こし台本」をいただきますが、書き起こす人も分からないらしく、「???」などとなっている場合は、何度も聞き返して、頭をひねって、「○○って言ってるかな・・・」などと考えたりします。私の場合は、英語の場合でも結構大変ですがね。(←「もっと大変」かも)
ハコを切るなどの作業は基本的に自分ですることが多いですが、時々、英語以外の言語の作品に英語字幕がついていてすでにハコが切られている場合などは、短すぎるハコを次のハコとつなげたり、長すぎるハコを(英語字幕って7~8秒は軽くあったりするので)短く分割したり、多少の修正をします(ハコ修正用のマニュアルなどをもらうこともあります)。ぴーなっつさんの場合は「このハコ台本でやってください」と指示があるってことでしょうか?結構それは大変そうですね。。。「そんな・・・」ぐらいの短い字幕なら、「OUT」として出すことはできないのでしょうか???これって日本の字幕業界(翻訳会社)だけのルールなのでしょうかね???

うぎゃー長くなりました。(←「うぎゃー」とか訳しにくい言葉を使うの、私もやめた方がいいですね)失礼いたしました。
2008-10-23 Thu 15:10 | URL | ミント #-[ 内容変更]
私が手がけた数少ない日英翻訳(チェックも)はアニメとか古い時代劇とかです。女子高生が主役のやつもあったけど。
私が契約している翻訳会社さんのハコはたしか1~5秒くらいだと思います。
「OUT」をハコに挿入することはできます。あまりやっちゃいけなかったと思いますが、どうしても変だよ、というときもあるので・・・。
たとえば、ナレーションなんかで、
「○○であった」
「そして」
「今再び」
「○○が起きようとしている」
みたいな。これってハコ多すぎますよね。
(専門的な話になってしまい失礼いたしました^^;)
2008-10-24 Fri 10:52 | URL | ぴーなっつ #1NP1oYmY[ 内容変更]
こんにちは!こちらこそ、業界の話に関する質問で失礼しました。
1秒~5秒、、、ほぉぉ、結構短いですね。英語字幕では大体何秒まで(日本語字幕だと大体6秒ぐらいまで、とか)は翻訳会社さんによるんでしょうかねぇ。

そのナレーションのハコは多いですねー。短すぎて訳も難しそうだし、読む方も大変そう・・・翻訳者泣かせですね。最低でも後半3つは1つにしたいなぁ。。。こういう制約にめげずにいい訳をつけられるのがよい翻訳者なんでしょうが・・・

貴重な情報をありがとうございました。
2008-10-24 Fri 13:20 | URL | ミント #-[ 内容変更]
本当に字幕もいろいろですよね。でも1行30文字なんて、私には読み切れないような気がします(笑)。

>「○○であった」
「そして」
「今再び」
「○○が起きようとしている」
みたいな。これってハコ多すぎますよね

このぴーなっつさんのコメントを読んで、以前初めて受講した字幕の講座で、私は平気でこんなハコを切っていたのを思い出しました(汗)。もちろん指摘されましたが。私は翻訳の仕事もしていないですし、全くの素人ですが、それでも少しだけ字幕の勉強をした今では、確かにハコ多すぎと思います(笑)。

ところでアエラ・イングリッシュですが、実は私もこの号を持っていて、先日ミントさんが書いた記事を読んだ後、「そう言えば、この間のアエラ・イングリッシュにエリオット・ヤミン載っていたな…」と表紙を見ると名前がない。「確かにあったハズ」と中を見るとちゃんと掲載されていて、編集の都合とかもあるけれど、でも表紙に名前くらい載せればいいのに…と思っていました(笑)
2008-10-24 Fri 21:55 | URL | Juliet #-[ 内容変更]
こんにちは!BON JOVIの30文字以上のは、もう、画面の端から端まででした(笑)。2行に分けず、1行で押し通してしまう(?)のには、何か訳があるんでしょうかね。

私もよく短いハコを切って指摘されましたよー(笑)でも、短すぎる場合は別として、結構先生や会社さんの好みもあるのかもしれないなぁと最近感じたりします。あ、もちろん自分の好みも(笑)

アエラ・イングリッシュ、表紙に載せてくれなきゃ、困ります。私は完全にスルーしていて、バックナンバーで手にした雑誌を見て、のけぞりましたよ。あのインタビュー、わりとよかったでしょ?(←うるさいですかね?)写真もかあいかったしe-446、マムのことを話すところなんて、ウルルル・・・すみません、Julietさんをファンに引きずり込もうとしているわけでは…(ちょっとあるかも)
2008-10-25 Sat 04:37 | URL | ミント #-[ 内容変更]
こんにちわ~!
エリオット・ヤミンはTVでも紹介されていたので私も拝見しました♪(ラジオで歌しか聞いたことがなかったので^^;)
字幕の基本ルールというのは、TVと映画では違っていたりするんですね。TVの方が厳しくないようにも思えますが、訳をつけるのはどちらにしても簡単なことではありませんね^^;
最近、インタビュー記事のような、ところどころコメントが入る翻訳をやることがあるのですが、やりなれない私としては話し言葉をそれらしく訳すのも難しいです…。TV字幕はいい参考になりますね。
2008-10-28 Tue 10:50 | URL | mistletoes #gV00HZg.[ 内容変更]
こんにちは!おお!エリオットのテレビ、ご覧になっていただけましたか!ふふふ、テレビでは「いいお兄ちゃん」という感じですが、歌わせると本当にものすごく、信じられないくらい上手で、かっこいいんですよ!さぁさぁ、ぜひmistletoesさんもお仲間に…(笑)余談ですが、10月にエリオットのHoliday albumが出たのですが、クリスマス・ソングらしく、何度も"mistletoes♪"
という言葉が登場するんです。mistletoesさん、いいなぁ、などと思ったりして…アホすぎますね。

インタビューは難しいですよね!書いてある文章や、ドラマや映画のせりふのように練られた言葉ではないので、何を言っているかわからないこともありますし。でも、私は書き言葉のほうがもっと苦手です・・・

2008-10-29 Wed 00:14 | URL | ミント #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ミントの映像翻訳者への道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。