駆け出しの映像翻訳者の日記です。洋楽、映画、海外ドラマの話、子育ての話、翻訳の話などを、不定期で更新中。ホントに、すごく不定期です。ごめんなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
できる限り調べ上げる努力と論理能力。
少し実務系…と何度か書いた、文書翻訳の半分を納品し、
ちょっと一息ついています。

間に急ぎの映像関係の仕事がいくつかあったので
結局、先週一週間集中してやっと
少し形が見えてきたところです。

行き詰っていたときに6月号のアメリアの情報誌が届き
実務翻訳家の豊田憲子先生が
必要なのは「できる限り調べ上げる努力と、
たとえ駄文であったにしても、
ツッコミを入れつつ読み解いていく論理能力」という
お話をしていて、とても興味深く読ませていただきました。

今回私が訳していたのは
正直言ってよく知らない分野。
しかも 普段やっている映像翻訳のように映像があるわけでもなく
もちろんストーリーがあるわけもありません。
そしてドキュメンタリーのように1つの分野に絞っているわけでもないので
リサーチをしていても
いろいろな方向に話が飛んでいたので
正直半分泣きながら進めていました。

映像翻訳の世界でも台本翻訳などは
映像がありませんから、
文書の翻訳をしていることにはなるのでしょうが、
たとえドキュメンタリーでも
ある程度のストーリーがある台本の100ページと
1ページの中に
リサーチしなければならない項目がてんこ盛りのこともある
実務の100ページとでは
これといった専門分野を持たない私には
大きな違いがあります。

辞書にはカタカナと漢字の訳語の両方が載っていると
どっちで使うのが一般的なのか、ということも調べなくてはならないし
機械系のものが出てくると仕組みも分からなければ
分かりやすい訳文にはなりません。

でも、この豊田先生のお話を読んで少し光が見えた気がして
最後(…といってもこの後まだ半分あるのですが)に
スパートをかけることができました。

実は翻訳の勉強を始めたばかりのころ
豊田先生の授業を少しだけ受けたことがあります。
当時の私は「出版・実務・映像」の基礎を3ヶ月かけて学ぶ、というコースに
通っていたので、そのときに豊田先生の授業を少し受けました。
明るく、理路整然と解説する先生を見て
あのころもカッコいいなぁと思っていたのですが
現在の情報誌に掲載されている豊田先生は
若々しくてオシャレでとってもカッコいい。お話も毎回面白いんです。
私も10年後にこれぐら自信を持って仕事できていたら
いいなあ…と思います。

まぁ
ほんの少しだけですが、苦労しつつも
実務翻訳の面白さも味わうことができたという
ところでしょうか。

…かと思うと 同じ情報誌の「会社訪問」のコーナーには

「翻訳の品質についてクレームがついて、
クライアント企業まで謝りに行ったこともあります」という言葉が載っていたり

身が引き締まるような一言です。

お世話になっている会社さんにこういう迷惑をかけることがないよう
丁寧に翻訳しようと思いました。

…というか、こういう言葉にビクビクしないような実力を
早くつけたい、というところでしょうか。


スポンサーサイト
別窓 | 翻訳 | コメント:6 | top↑
<<買い換えるべきか… | ミントの映像翻訳者への道 | まず1つ。>>
この記事のコメント
実務系のお仕事、まずは半分終了お疲れ様でした!
「できる限り調べ上げる努力」、私にも深くささる言葉です。
大事なところで疑問を持たなかったり、調べているうちにどう訳していいか分からなくなったり…。
私も10年くらいたったら、これで大丈夫、と自分を信じられるような翻訳ができるようになりたいものです。

ミントさんのお仕事、きっと後半は前半よりも楽に進められるのではないでしょうか。最後までどうぞ頑張ってください!
2008-06-02 Mon 23:18 | URL | mistletoes #gV00HZg.[ 内容変更]
お仕事お疲れ様です。とても大変そうな案件ですね。でもきっとミントさんの努力は、今後お仕事をする上での財産になって行くのでしょうね。あと半分、頑張って下さい。

豊田先生の記事、私も毎回興味深く読んでいます。ミントさんは直接授業を受けられたことがあるんですね。私はアメリアの写真でしかお顔は存知上げませんが、本当に若々しい方ですよね。文章からはサッパリしていて、テキパキしてるカッコイイ女性を想像していたのですが、実際もそんな感じなのでしょうか?お医者さんや弁護士さんに間違われるほどの専門知識、すごい武器ですね。

映像は実務と違って、専門知識は広~く持っていないといけないので、さらに「探究心」は必要になってきますね。私もいろんなものに興味を持って、いろいろな知識が欲しいなぁと思いました。
2008-06-03 Tue 00:46 | URL | Juliet #-[ 内容変更]
とりあえず第1関門突破おめでとうございます。後半もがんばってくださいね。きっと前半よりは楽になるはず。

「これといった専門分野を持たない私」と書かれていますが、私も専門分野は持ってませんよ。だから毎回もう若くない頭脳を酷使してやってます(笑。
調べ物に関して、とあるメルマガに「オンラインの検索エンジンだけでなく本屋や図書館にも行って調べなさい」という意味の文章が書かれていましたが、私の場合、地元の本屋や図書館は役に立たないので、グーグルなどに頼るしかないんですよね。このハンディは大きいなぁと感じることはままあります。一度、旅行関係の翻訳で、オンラインでは中国の地名や名所の名前を調べ切れなくて、「地球の歩き方中国編」をアマゾンで買ってしまいました。おかげさまで役立ってますけど。だれか、国外にいても調べ物ができる方法を教えてくれる人はいないかぁ。

お互い、クライアント企業に謝りに行くようなことがないようにがんばりましょう^^;
2008-06-03 Tue 01:01 | URL | texmama #1NP1oYmY[ 内容変更]
こんにちは。いやーいつもこういう仕事を日常的にこなしている
mistletoesさんには頭が下がります。
映像でも必ず調べ物は付きまといますし、
ドキュメンタリなどでは翻訳より
調べ物のほうが多いんじゃないかと
思うこともあるのですが
実務も知らない分野では1ページ全部が調べ物、という感じですね。
そうなんです、何も疑問を持たずに
さらっと進めたところに落とし穴があったりしても怖いですよね。
10年後、自信を持って仕事していられるよう
日々精進しようと思います。
2008-06-03 Tue 09:31 | URL | ミント #-[ 内容変更]
こんにちは!豊田先生の連載、面白いですよね!
私が授業を受けたのはもうかなり昔なのですが(タロウの出産より前!)
3分野といっても「実務」は私に無理だろうな、と思っていた私でも
豊田先生の授業はとても面白かったのを記憶しています。
おしゃれだし、若々しいし、きれいだし、仕事もできるし、ユーモアもあって、
憧れますよねー。
「探究心」、本当にそうですよね。
あと文章を読んだり書いたりする上では
「論理能力」も必要なんだろうなぁと
思いました。
お互い、がんばりましょう!
2008-06-03 Tue 09:40 | URL | ミント #-[ 内容変更]
こんにちは!いえいえ、日常的に実務系の文書もこなしているtexmamaさんはすばらしいです!しかもtexmamaさんは映像と実務をボーダレスに
こなしている、最近の翻訳者に求められる柔軟性を持ち合わせている
貴重な翻訳者さんだと思います(尊敬e-420
中国関係って、結構多いですよね!私も中国が舞台の映画だったり、ドキュメンタリーでひたすら中国を扱っていたり、
最近はオリンピック関係でも中国関係があり、苦労しています。(私もガイドブック、持ってますよ。中国にいくお金があるわけでもないのにーe-258)ピン・イン(xian-などのローマ字表記)からカタカナ、まして漢字の表記を見つけるのは本当に苦労します。
確かに、素材によっては書籍での調べ物が必要になることもあるかもしれません。でも、ネットでの調べものとの違いは「信頼性」に尽きるのではないかと(私は)思います。ネット上でも大学や公的機関のサイトなどで調べがつくものは信頼性があると私は判断しています。最初のうちは参考文献も購入していましたが最近は図書館に頼りっぱなし(金欠)。texmamaさんが「コレは書籍で調べたい」というときで、購入するには躊躇するような場合(学術書とかはとてつもなく高いので)、どうぞ遠慮せずにお声をおかけくださいね。田舎なので図書館の規模もそれなりですが、意外な本がおいてあったりしますから。
2008-06-03 Tue 10:02 | URL | ミント #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ミントの映像翻訳者への道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。