駆け出しの映像翻訳者の日記です。洋楽、映画、海外ドラマの話、子育ての話、翻訳の話などを、不定期で更新中。ホントに、すごく不定期です。ごめんなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
落とし穴。
い~とまちち~ い~とまちち~
 (注:ジャイ子語で「糸巻き巻き 糸巻き巻き」)
 ひ~て ひ~て とんとんとん
 (この とんとんとん が この上なくかわいい←親ばか)

最近この手遊び歌がお気に入りのジャイ子さま
「できたできた○○ちゃんの おくつ」
のところを 自分なりに変えて歌っていますが
「パ~パのび~る~」には ウケました。
糸巻いて ビールつくっちゃいますか。
パパといえば、ビールですか。

さて。

先週 初めて100分以上あるお仕事をいただいたのですが。
これが実は韓国語…。
韓国語は専門ではありません。
それどころか、ブームになっている韓国モノも
「冬ソナ」や「私の中の消しゴム」「B型の彼氏」…
そういった有名どころしか見ていません。
ですが、内容的にできればお受けしたい内容だったので
思い切って引き受けました。

英語字幕がついていて
すでにハコを切ってあるというので
「おお、これはいけるかも」と思ったのですが
これが大間違いでした。

私は「英訳」の経験は文書の翻訳のみで
字幕というものをやったことがないので
英語字幕も見慣れているわけではなかったのですが…。

こうしてよく見てみると
英語字幕のハコ切りの仕方は
日本語字幕のやり方とはちょっと違うようです。
7秒以上、8秒近いものも結構あるし
一番大きな違いは 2人の話者の字幕が
同時に出ていることが少なくないことでしょうか。
(注:日本語字幕でもどうしても両方出したいときは
   クライアントさんによっては出してくれることもあるそうで
   必ずしもダメということではないそうです。)

1つのハコを2つに分けたり
逆に2つのハコを1つにまとめたり
普通にやっても結構出てくる作業だと思いますが
慣れない書式での作業はしばらく進みが悪くて
結局 ハコの切りなおしに1日かけてしまいました。(←遅すぎ

以前 制作会社の翻訳スタッフの方に
何日くらいかけて1本仕上げるかを聞く機会があったときに
「調べ物で1日はとっておく」とおっしゃっていましたが
たしかに調べ物も結構な量になります。
今回は内容的にリサーチが多い種類ではなかったと思いますが
コアなファンの多い韓国モノだけに
不自然じゃないように文化背景などを
調べたりするのに 結構時間がかかりました。

スクールの先生が言っていた言葉。
語学力はあって当たり前。
(確かにこれがないと 決まった期間内に
 ある一定量を訳せません)

大切なのは日本語力
(ぴったり自然な日本語を次々に出せる引き出し)

この2つの言葉を身にしみて感じました。

スクールの課題やトライアルのように
ある程度見直しができる期間があるわけではありません。
大抵は厳しい納期の中で
最初に浮かんだ訳語を変えていく時間がないまま
納期はやってきます。
というか 見直しは「イタリック指定」が抜けていないか とか
タイムコードの修正の必要な印を忘れていないか とか
そういうことで精一杯でした。

今回も納品後に
「ここは○○の方がよかったな」と思う箇所がありました。
チェッカーの経験から
「ここはチェックが入るかな」とあとで思ったところも
本当に自分はまだまだだなぁと思います。

それにしても 原語が英語なら
「この意訳もアリ?」と思えても
原語がわからないと なかなか思い切れません。
新人が入り込むには
何か英語以外の言語ができるとよいのかもしれませんね
遠い目になってしまいますね…

とりあえず日本語の引き出し
すぐにサッと開けられるように修理して
中身を増やして…

がんばろ~…

スポンサーサイト
別窓 | 翻訳 | コメント:6 | トラックバック:1 | top↑
<<誕生日と落とし穴。 | ミントの映像翻訳者への道 | アーサー試写会。>>
この記事のコメント
どうしたら日本語の引き出しを増やすことができるのでしょうか?いまだにわからず悩んでいます。本をたくさん読む?新聞?やっぱり一朝一夕では無理ですよね~年も年だしあんまり時間もない~
2007-09-21 Fri 10:05 | URL | ばきこ #-[ 内容変更]
ばきこさま♪
そうなんですよね。おっしゃる通り一朝一夕で身につくものではないのかもしれませんね。スクールの先生が、受講生の訳文を次々とぴったりな日本語に置き換えていくのを見てああいう風になりたいなぁと思いました…引き出しの中身を増やすのはもちろん、さっと瞬時に取り出せるようになりたいなぁと思います。新聞や本、あとやっぱり上手な翻訳者さんの字幕を見ることも大切ですよね。日本語もそうですが、英語力もまたスランプに入っている今日この頃です…がんばりましょー…
2007-09-21 Fri 12:47 | URL | ミント #-[ 内容変更]
“糸まきまき~♪”うちの次男もよくやってますが、歌詞をアレンジしてしまうジャイ子ちゃんすごいですね。

語学力はあって当たり前。大切なのは日本語力。その通りですね。私は両方共まだまだ。目指す所は途方もなく遠い気がします。
2007-09-21 Fri 23:07 | URL | Juliet #-[ 内容変更]
似たような仕事の求人広告を先日見ましたよ! 私が加入している翻訳者サイトで。私は韓国ドラマの知識は皆無なので無視しましたが。その広告を見たときも感じましたが、翻訳の翻訳は難しいですよね。最初の翻訳がどこまで原語に忠実かわからないから。以前デンマーク人のペンパルが、英語のTV番組の一部は、翻訳者が番組を見られず、スウェーデン語に訳されたテキストしか与えられないため、変なデンマーク語字幕がついていることがあると言っていました。

日本語の引き出しは、あると思うんですよ。ただ、少なくとも私の場合はホコリがかぶっていたり、引っかかって開かなくなっていたり、そこにあることすら忘れていたり・・・(苦笑 引き出しがスムーズに見つかってサッと開けられるようにしたいものです。
2007-09-21 Fri 23:41 | URL | texmama #1NP1oYmY[ 内容変更]
Julietさま♪
こんにちは。糸巻き巻き~♪は2歳児のツボに入るんでしょうかね。他の手遊び歌よりも、これが気に入ってます。今回は娘の目に映る父親のイメージを見てしまった気がします(笑)
本当にずしんと来る言葉ですよね。どちらが欠けても十分ではない…私も両方、まだまだだなぁと実感します。千里の道も一歩から。お互い今は子育ての方に時間をとられがちですが、少しずつ、一緒にがんばっていきましょうね。
2007-09-22 Sat 07:08 | URL | ミント #-[ 内容変更]
texmamaさま♪
こんにちは。韓国語、そして最近は中国語の翻訳者は今、本当に足りないようです。新人が入り込むなら韓国語が一番入りやすいという話も聞きました。最近のだけでなくブームになる前のものの翻訳もありますし…。翻訳の翻訳は本当に難しいですよね。今までペルシャ語や、フィンランド語、ドイツ語のスクリプトというのをやったことがありますが、やはりとても難しく思いました。翻訳したあとで映画のクリエイターの人に会う機会があったのですが、セリフの部分は詩をベースに思いついたと聞いたときには青ざめました。その言語専門の人なら、ピンと来るかもしれないことをさらりとやってしまったのですから。それを知っていたら、もっといい訳ができたかもしれないですからね…。英語に一度翻訳されていると思うと意訳も躊躇しますし、スクリプトが間違っているところもありますしね。今回も数式が出てきたのですが、英語に忠実にするとどうも成り立たない気がして(はっきり断言できないのが辛いところ)この数式を探すのに理系の英語系の本を8冊くらい探しました…韓国語だとかなりツッコミが入りそうな気がして、迷いましたが内容がとても魅力的な素材だったので受けてしまいました。でも、勉強にはなったかな、と思います。これを機会に、韓国モノをもっと見るようになるかも。英語の素材でも中国が舞台というものなども結構あるので(今まで私も2回はあったかな)本当に幅広い知識が必要になりますよね…道のりは遠いです。
確かに引き出しが開かなくなっていたり立て付けが悪くなっていたりすることもありますよね(笑)私の場合はそれに加えて中身も貧弱なので、道のりは遠いです(このフレーズ2回目。笑)。長くなり、失礼しましたー。
2007-09-22 Sat 07:26 | URL | ミント #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
言語言語(げんご)とは、コミュニケーションのための記号の体系。狭義には人間の音声による言葉を指すが、広義には身振りなど音声以外の要素も含む。また、動物間のコミュニケーションや、コンピュータに指示するための記号の体系(プログラミング言語)を指す場合もある。 …
2007-10-01 Mon 07:07 英語学習教習所
top↑
| ミントの映像翻訳者への道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。