駆け出しの映像翻訳者の日記です。洋楽、映画、海外ドラマの話、子育ての話、翻訳の話などを、不定期で更新中。ホントに、すごく不定期です。ごめんなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
インフルエンザ、そろそろ危ないかも…。
なんだか、我が家の近辺では
インフルエンザが流行ってきた模様

今週のはじめにジャイ子ちゃんの幼稚園から
「職員8名がインフルエンザのため通常保育ではなく自由参加」
(補助の先生がいるとはいえ9クラスしかないのに

と連絡があったのですが
結局 今週いっぱい休園になっちゃいました

私の目から見ると 隣にある小学校(タロウとハナちゃんが通う)の方が
状況は深刻っぽいのですが こちらは朝練なども通常通りで…

みなさんのお住まいの地域では大丈夫でしょうか?

さてさて

1月からスタートしたシリーズの納期が先週の時点で
2エピソード分、前倒ししてほしいと言われ
今週は別の予定も入れていたので
ゲゲゲーッと思っていたのですが

その別の案件の素材到着が少し遅れることになり
ちょっと、いや、かなりホッとしています

素材遅れや映像差し替え、納期前倒しなどで
「え。ちょっとそれってヤヴァ過ぎるんですけどぉぉぉぉ」と
心の中で叫んでしまうような経験は
結構あるのですが

こんなふうにトラブルが重なって
ちょうど良くなったのは初めてです
いやー、長生きしてみるものですな。(←?)

だからって、のんびりブログなど書かず
サクサク進めなくてはならないのですが。
インフルエンザでいつ倒れるかも分からないですしね。
ハイ。ちゃんと頑張ります。

そうそう、先週、ちょっとバタバタしていたのですが
ほぼ徹夜明けでしたが今年のライヴ第一弾に行ってまいりました。

ホントは朝10時に納品した後に
昼寝をしてシャワーでも浴びてから行きたかったのですが

別案件で
「映像が差し替えになったから急いで確認してちょ」と言われていたので
結局 その作業を午前中~午後2時ぐらいまですることになってしまい
昼寝はできず…

(2時に仕事が終わっても化粧もしてないし
 子育て主婦が夜に外出させてもらうのですから
 せめて夜ごはんのお米を
 ちょうどいい時間に炊きあがるようにしておいたり
 お風呂を掃除しておいたり
 子供たちの着替えをすぐ分かるように置いておく…
 などの作業に意外と手間がかかったりするわけで

しかし、開場には間に合わなくとも開演にはギリギリor少し遅れる程度で
行けるかもしれない、ということで決行。

ホントにギリギリでしたが、開演には間に合いましたー

行ってきたのは

Hurts@ duo music exchange

ギリギリの到着で会場内は 既に ほぼいっぱいでしたが
後方集団でも一段高くなっているところからでしたし
会場自体がすこく小さなハコだったので
結構よく見えましたし、臨場感もバッチリでした。

Hurtsはマンチェスター出身のセオとアダムのポップ・デュオ。
日本でもTBSのドラマで「Better Than Love」「Wonderful Life」が
使われていたので 聞き覚えのある方もいらっしゃると思います。
(※リンク先は音が出ます)

マンチェスターを舞台にした英ドラマ「Life on Mars」が
大好きだった私としては

マ・ン・チェ・ス・ター…
と聞いただけで

フフフフフとあやしく笑いたくなる
興味津津…だったわけですが

デビューアルバム「Happiness」は
ハピネスハピネス
(2010/11/03)
ハーツ

商品詳細を見る


捨て曲ナシの完成度だと思ったので

ぜひぜひ生で聴いてみたかったのです。

そして そのライヴはと言いますと

セオの第一声の高音から鳥肌モノ。
何やら厳粛な雰囲気さえ感じるのに
曲によっては すごい盛り上がりの大合唱。

圧倒的なライヴ・パフォーマンスでありました。
うまく言えませんが
全体を通して、Hurtsの完成度の高さというか、
美学のようなものを感じさせるような…。

曲の終わりごとに赤い花を会場に投げるとか
そういう演出にも全然嫌みがなく
(そして この花の一本をオトモダチのもとこさんがゲット

さらに曲の終わりごとに必ず「アリガト トーキョー」「ダイスキデス」など
日本語をいっぱいまじえてて なんかほほえましいし。
(いくら貴公子のような顔をしていても
 「アリガト」とか言ってると ほほえましく感じるのは
 年を取った証拠でせうか)

あとセオの手の動きが やたら面白いし。

今年初のライヴがステキライヴだったので
またステキライヴでパワーをもらいたいなーと思いましたです。
さあ今年も がんばるぞー。
(会場で会えたもとこちゃん、Oさん、いろいろありがとう
 子守を引き受けてくれた夫、送り出してくれた子供たちにも感謝

↓マンチェスターでのライヴのようですが、
セオの美声と手の動き(笑)がよく撮れていると思いました。
AlmaKnackさん、Thank you for sharing ;-)




スポンサーサイト
別窓 | 翻訳と育児+つれづれ | コメント:6 | top↑
2011年、始動。
明確に「今日から仕事始め」というのはなかった気がしますが

2011年も本格的に始動。

改めまして、今年もよろしくお願いいたします

さー今年こそ 頑張るぞ
決意を新たにしつつ

新しいスケジュール帳も使い始めました

ワタシが昨年の2010年から使用しているのが

ゴッホやヘミングウェイにも愛されたと言われるモレスキンのダイアリー。
(※ゴッホたちが使ったのはダイアリーではなくてノートブックですが)

映画「プラダを着た悪魔」や「アメリ」で
ヒロインが使っていたことでも よく知られていますね。
(※モレスキンが出演した映画はこちらで確認できます

昨年、ふとしたきっかけでモレスキンを選んだのですが

これが ものすごく使いやすかったので
すっかりファンになり
今年のスケジュール帳もモレスキンを購入していました。

ワタシが使っているのはマンスリータイプ。
モレスキン
(※画像はモレスキンのウェブサイトからお借りしました)

ちなみに昨年も去年も
選んだのはポケットサイズのソフトカバーのもの。
(※コレです。)

仕事を始めたばかりの頃は
仕事用とプライベート用を分けたりもしたのですが
結局 1つにすべてまとめる形で落ち着いています。

仕事の予定は赤鉛筆で丸で囲み
子供の行事関係は青鉛筆で丸で囲む

など 色分けすることで 1冊でも使いにくくありません。

マンスリータイプにしているのは

月末に請求書を作る時に分かりやすいから
という理由です。

ポケットがついていたり、メモスペースが充実していたり
このサイズでも全然 不便を感じません

今年も素敵な予定で たくさん埋まっていくとよいなぁと思います

みなさま、どうぞよろしくお願いいたします

みなさまにとって、素敵な1年になりますように

M ;-) xx


別窓 | つれづれ | コメント:8 | top↑
| ミントの映像翻訳者への道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。