駆け出しの映像翻訳者の日記です。洋楽、映画、海外ドラマの話、子育ての話、翻訳の話などを、不定期で更新中。ホントに、すごく不定期です。ごめんなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ライヴ・レポ~ト&映画
何だかバカなミスをしてしまったり(←いつもだろ)
楽しみにしていた予定が×になったり
そして、心配事があったり…
と今日の関東地方の空のように どんよりした気分の日曜日です。

こんな時こそ、掃除 or 仕事を進めよう、と思うのですが

こんな時だからこそ、少し楽しい記事をUPします。

1つめ。

11月6日(土)、Owl Cityのライヴ@Shibuya AXに行ってまいりました。

運よく、最前列でした

本国ではチケット争奪戦になる人気ぶりのようなので
こんな場所では二度と見られないかもしれませんね。

でも、ぎゅうぎゅうになったののは
最初にアダム君が登場してきた時の一瞬だけで
集団相撲や集団おしくらまんじゅうのようにはなりませんでした。
(ヨカッタ…)

ライヴはいい意味で予想と全然違いましたが
とても楽しいライヴでした

Owl City の楽曲では、
歌詞に夜、空、夢…などが よく登場することからも
わりとドリ~ミ~な雰囲気で
アダム君の声もソフトで心地いいので、
私の中では「癒しカテゴリ」に入っていたのですが
(←結構、CDのカテゴリ分けが好き)

ライヴ・パフォーマンスは躍動感いっぱい。
激しめのアレンジも多く、ビックリでした。

アダム君自体も、想像以上に
激しい動きだったのでビックリです。
でも、その独特の動きが とてもかわいかったですけど…ハハハ。

アダム君は、キーボードをたたきつつ歌ったり
曲によってはギターを弾いたり(そして振り回したり?)
歌だけの時は かわいいダンスでした。
(マイクスタンドをブンブン振り回しながら…)

昨年の来日時には
「ものすごくシャイなのでインタビューもTV出演も ほとんどNG」とか
「ライブ中のMCは ほとんどなく、サクサク終わった」とか
みなさんのレポや何かの記事で読んでいた記憶がありましたが

MC少なめではありましたが 嬉しそうに何度もお礼を言っていました。
でも、笑顔のせいかもしれませんが
しゃべる時は 目をつぶっていることが多かったので
やっぱりシャイはシャイなんだろうな、と思います。
勝手な想像ですけども。

バンドメンバーも美男美女揃いでしたが
ストリングスの美女2人組が
突然 立ち上がって踊りだしたりして
めちゃくちゃ かわいかったです
エレクトロなサウンドと重厚なストリングスが
嫌みなくマッチしていてとても素敵でした。

写真はUniversalさんがtwitter にUPしていたものを
お借りしました。
ペンライトが見えるので、Firefliesの時だと思われます。



Firefliesは全米のシングルチャートでも1位を獲得し
日本でも結構ヒットしたので聞き覚えのある方も多いかと思います。
(よければ、下にyoutubeのリンクをはりますので、聴いてみてください。)

このFirefliesでは会場も大合唱となりました。

あと個人的にはVanilla Twilightという曲がとても胸にしみました…。
(これも、下にリンクをはっておきます。
 ちょっと切ない、きれいな曲です)

次回来日も日程が合えば行きたいですが、
(土日を希望します!←自分勝手です、ハイ)
このハートを見られたらうれしいです
(On the Wingという曲で時々やるらしいのですが
 今回は この曲の時にギターを持っていたので やりませんでした)



名曲Firefliesは こちらです。再生回数がスゴイことになってます。



Vanilla Twilightは こちら。



2つめ。

ここ最近で観た映画の感想を少し。

※若干、ネタばれありです。

まずは怪盗グル―の月泥棒。(※リンク先、音が出ます)

ユニバーサル・スタジオによる3Dが話題ですが
ストーリーがしっかりしているので、
3Dじゃなくても楽しめる作品だと思います。

家族全員で楽しめる、笑いあり、ドキドキあり、涙ありの
素敵な作品でした

グルーの吹き替えが鶴瓶さんなので、グルーとそのお母さんは関西弁なのですが
吹き替え台本も関西弁で作成したのでしょうか。気になります。

ちなみにオリジナルではこの、「鬼母」をジュリー・アンドリュースが演じています。
鬼母とは程遠いイメージの人なので、字幕版も面白そうですよね。

あとは、大人気シリーズの第三章、エクリプス/トワイライト・サーガ。(※リンク先、音が出ます)

純愛路線&三角関係を残しつつも
戦いの占める割合が増え
アクションも多く、ダークさが増してますかね…?

オオカミ族のオオカミが
うちの犬に似ているので、とてもかわいく見えます。(←バカ)
いや、デカいんですけどね、オオカミ。

トワイライトシリーズでは毎回、サントラも話題になりますが、
3作連続で曲を提供しているのがMuse。
原作者のステファニー・メイヤーさんがMuseファンらしいですね。
サントラも欲しいニャ…。

好き嫌いの分かれるタイプの映画かもしれませんが
私は結構好きです。

字幕は松崎広幸さんだったと記憶しています。
(たぶん、ですけど)
前作までの2作では吹き替えを担当していらっしゃった方ですよね。
とても素敵な字幕でした

そして、もう1本、書きたい映画があったのですが

すでにかなり長くなってしまったので、
それは またの機会ということで。

長々とスミマセン
スポンサーサイト
別窓 | 洋楽+映画 | コメント:6 | top↑
息子さんは…
ハイ、またもや広告が出てましたね
すみません。

週末ぐらいには落ち着きそうなのですが
とりあえず、ですけど、これのBon Jovi編をお楽しみください。
ぜひ、30秒バージョンで
こちらデス。
映像は1995年のウェンブリー・スタジアムのライブより。

もうテレビでオンエアされてますかね?
私はまだネットでしか、見てないのですけども。

これを洋楽カテゴリに入れるべきか、迷ったあげく、
「つれづれ」に入れました。

息子さんは~中三で~

別窓 | つれづれ | コメント:4 | top↑
| ミントの映像翻訳者への道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。