駆け出しの映像翻訳者の日記です。洋楽、映画、海外ドラマの話、子育ての話、翻訳の話などを、不定期で更新中。ホントに、すごく不定期です。ごめんなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
映画を2本ほど。
金曜から~週末にかけて、映画を二本観ました。

一本目は話題作の一つ、「食べて、祈って、恋をして」(※リンク先、音が出ます)。

ジュリア・ロバーツの初来日が話題になりましたね。

こちらは映画の日で1000円だったので、
突然思い立って、一人で観てきました。

※以下、ほんのちょっとですが、ネタバレありです。

*************************************

映画は、宣伝どおりと言えば宣伝どおりでしたが

私は面白かったです~

予想外の展開が満載なわけではなく、
ある部分でグググ~…と掘り下げている、とかでもないので
そういう面は物足りなさもあるかもしれませんが…

この映画は 「これ以上」でなくて
よいのじゃないかしら…。たぶん。
あくまで、個人的な感想ですが。

とりあえず、イタリア語を教えるジョヴァンニ(…だったけかな)は
なかなかの男前さんだし

…いや、そうじゃなくて。

ハビエル・バルデムが実生活でもあんな感じだったら、
と想像してみると
ぺネロぺ・クルスが少~しうらやましかったり

…いや、もっと、そうじゃなくて。

共感する、しないは別として

ジュリア・ロバーツが
ジェラートをはじめ、いろいろと食べるシーンはかわいいし、


ガハハ笑いも やっぱりカワイイ。

それにしても、

あああ、イタリアで食い道楽ツア~を
やってみたいなぁ…(結局、そこか)
ひたすら、食べて、飲む…(妄想中…)。

ジュリア演じるリズに共感したり
「いや、それは違うんじゃないの」と
心の中でツッコミを入れたりしつつ
3つの国(+NY)を一緒に旅した気分に
なれたので、楽しかったです。

字幕は戸田奈津子さんでした。
さすがに、新しい言葉、昔からある言葉ともに、
日本語の引き出しが多いです~

See you later, alligator. が

「グッド バイバイ」でした。

原作の訳語が ちょっと気になりますです!

もう一本は「ガフールの伝説」(※リンク先、音が出ます)。


野鳥大好きの我が家の子ザルたちが
この映画の予告編を見逃すわけがなく、
夏休みぐらいから ず~っと公開を心待ちにしていたわけです。

ワタシ+子供3人だと、結構な金額になるので
財政逼迫中につき、3Dではなく2Dで観ました

それでも、すご~くリアルでキレイでした
ストーリーも好きなタイプで面白かったです!
フクロウ、カワイイ…いや、実際は攻撃されそうで ちょっと怖いですが。
(我が家の裏の森でもフクロウの声が…)

吹き替え版で観ましたが、翻訳は徐賀世子さんでした。
第一人者のおひとりですので、とてもお上手で
それぞれのキャラも嫌みなく引き立っていて、すばらしかった…

「すべりまくりのフクロウギャグ」という言い回しが
面白かったです。

「肉食系」なども 絶妙な所で…!

これ、原作シリ~ズも読んでみたいなあ。面白そう。

そして、この映画、BGM&エンディングに
Owl Cityの「Take To The Sky」が使われていて、
フクロウ映画にフクロウ音楽(←何ですか、それ)ということを抜きにしても
すごく映画に自然に溶け込んでいて、よかったです
映画の中で、好きなア~チストの曲がかかると
やっぱり うれしいです。
よろしければ、聴いてみてくださいね
映画のシーンもたくさん出てきます。
iTunesでも買えますよ


※映画の画像は どちらも
allcinemaさんのサイトからお借りしました。
スポンサーサイト
別窓 | 映画・ドラマ | コメント:10 | top↑
| ミントの映像翻訳者への道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。