駆け出しの映像翻訳者の日記です。洋楽、映画、海外ドラマの話、子育ての話、翻訳の話などを、不定期で更新中。ホントに、すごく不定期です。ごめんなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
モモちゃんの話。
前回のモモの記事に関しまして、温かいコメントをくださった方々、
心配してメールをくださった方々、ありがとうございました

前回の記事のコメント欄にもすでに書きましたので
もうご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが
(また、これに関しても、メールをくださった方々、ありがとうございました)
モモちゃんは先週の日曜日の夕方、天に召されました。
本当に、眠るように、という言葉がピッタリの召され方でした。

まだ1週間なので当然かもしれませんが、
覚悟をしていたはずなのに、まだ自分の中では全く実感がなくて
記事にするほど心の整理がついていないようにも思うのですが、
少しでも前に進むためにもモモちゃんのお話をしようかなと思います。

私も今は普通に生活して人に会えば話をするし
もちろん笑ったりもしています。
日々の出来事に、「わーい」と喜んだりする瞬間もあります。
エリオットちゃんのライブが楽しみだったり
あーニューアルバムの予約をせねば、などと
考えて、わくわくしたりもします。

それでも、日常の中で「あれ?モモちゃんがいないな」、と思う瞬間があり
そういう瞬間が今、つらいです。
そういう時、涙だけはたくさん出るのに、
でもやっぱりモモちゃんがいないなんて信じられない、
変な感じです。

いつも笑顔(←犬って、笑った顔をしていますよね?)でハッハッハッハとしていて
優しい気持ち、楽しい気持ちをたくさんくれたモモちゃんのことなので
あまり湿っぽくなってはいけないと思ってはいます。
今回の報告の記事も、湿っぽくはしたくはないのですが、
もし湿っぽくなってしまったらご容赦ください。

さて、本題。モモちゃんのお話です。
土曜日の時点で「もう手の施しようがない状態」と言われたのですが
日曜の朝、ご飯を食べはしたものの、いつもより食いつきも悪く
量も少なかったので、いつものシニア用の缶詰ではなくて、
子犬時代にお気に入りだった缶詰を夕方あげようかな、と
思っていたら 夕方頃に召されてしまい、
結局お気に入りの缶詰をあげられませんでした。
お昼ごろにでも、あげてみればよかったなぁ、と後悔しています。
今さら遅いんですが、本当にこんなにあっという間に
旅立ってしまうとは思えなかったのです。

もともとモモちゃんは、私が若い頃(!)の職場に兄弟犬たちと一緒に
箱に入って捨てられていました。
まあ、運命の出会いというやつでした。

そういうわけで、
私にとっては子供たちよりも、ずっと付き合いが長いのですが
(あ~うちの動物たちは、みんなそうですわ。カクレクマノミ以外は。)
子どもたちが生まれてからも
すねることもなく、優しく子供たちを受け入れ、
子供たちがしつこく触ったりしても(←加減を知らないので、かなりしつこく触っていました)
決して怒らずに いつも子供たちにも優しくしてくれていました。

なんでこの病気に、もっと早く気付いてあげられなかったんだろう、と
今さら後悔しても遅いのですが
「あれ?元気ないよ?」と思う前日まで
散歩でも走り回って
召される前日まで ご飯もしっかり食べました。
だからよけいに、実感もわかないのでしょうか。

後ろ脚が動かなくなってからは トイレ関係も自分ではできなかったので
私が抱っこしておなかをマッサージしてあげて補助していたのですが
そのたびに 私の顔をじーっと見ていました。
「大丈夫だよ、モモちゃん。上手にできてるよ。オッケー、オッケー」などと
声をかけると 鼻先を私の顔にくっつけたり
すまなさそうに、私の顔をなめたりしました。
もっともっと長く続けたって、私は全然、手間でもなかったのになぁ。
でも、抱っこしているとモモちゃんが日に日に痩せて、ゴツゴツしてきて
それが何ともいえず、悲しかったです。

旅立った日の午後には外に出してあげて
おひさまの光を浴びさせました。
太陽の下で、家族みんなでブラッシングしていたら
気持ちよさそうに、目を細めていました。
ブラッシング、今思えば、結構さぼっていたよなぁ…
モモちゃんはブラシが大好きだったよなぁ…
もっと、マメにブラシをしてあげればよかったなぁ…

家族全員がそろっているときに旅立ったのは、
いかにもモモちゃんらしいと思うのですが
次の日から夫が出張だったので
何よりも一番大好きだった「にいちゃん」のいる日が
よかったのかなぁとも思います。
時々タロウと、「今、一番お世話をしているのは僕とママなのにねーえ」と
笑っていたこともありますが
やはり夫が散歩に行く時などの、モモちゃんの熱烈歓迎ぶりを考えると
夫がいる日がよかったのかもしれません。

今は散歩がへいちゃんだけになって
足音が一匹分なのが変な感じです。
へいちゃんは大型犬なので「チャッチャッチャッチャ…」という足音なのですが
モモちゃんは柴犬ぐらいの大きさだったので
「チャカチャカチャカチャカチャカ…」という少し速い音が後ろから聞こえていたのですが
(タロウがモモちゃんのリードを持っていて、たいてい少し後ろを歩いていました)
それが聞こえない状況に、いまだ慣れません。

昼間も夜中も、ふっと気がつくと
モモちゃんが寝ていたスペースにどうしても視線が行ってしまいます。
空っぽになったそのスペースには、
今は何も置く気にはなりません。

まだまだモモちゃんが元気なころ
ももちゃん (あおばコミックス)
という同じ名前の犬のマンガを書店で見つけて
もちろん即買いして、笑い転げていたことがあります。

今はまだ、このマンガを書斎に探しに行って、読めるほど
私自身の気持ちが整理できていないのですが、
記憶によると、このマンガのももちゃんも、うちのモモちゃんと同じぐらいの歳で
突然病気になって、あっという間に召されていったように思います。
(違っていたら、すみません

作者さんのあとがきに、たしか、今こうしてあとがきを書いていても涙が出るのは
「悲しいからではなく、こんなにかわいい犬に出会えてうれしいからだ」というような
ことが書いてあったようにも思います。
(これも、違っていたら、すみません

きっとでも、そうだと思います。うれしいから泣いているんだと思います。
だって、うちの家族はもちろん、
ご近所のおじいさん、おばあさんも
散歩で会う小学生たちも、
みーんな、本当にモモちゃんが大好きでしたから。
そういうモモちゃんがうちに来てくれたことがきっと、
嬉しいんだということにしておきます!


そういうわけで湿っぽくならないような、写真を探してみました。

まずはモモちゃんの笑顔の写真を一枚。

momohei

車に乗ると、ものすごいゴキゲンのモモちゃんと
「お出かけなの?病院じゃない?注射はナシ?」と
びみょーな顔つきをしているへいちゃんの対照的な表情がポイントです。
しかも、へいちゃん 顔が切れているし…

そして、こちらはまさに猫パンチの瞬間。
我ながら、よく撮れたなぁと思うのですが。(←自画自賛)

nekopanchi_convert_20090425224101[1]momoniru

モモちゃん 楽しい思い出をたくさんたくさんありがとう。
一緒にいた時間はあっという間に過ぎてしまったけれど
モモちゃんが本当に大好きでした。

すごーい長文になってしまいました。
文章にもまとまりがない感じがしますが、ご容赦ください。
スポンサーサイト
別窓 | つれづれ | コメント:10 | top↑
モモと、仕事と、アリと。
なんだか、修羅場が終わりませーん

バタバタバタバタバタバタバタバタしておりまして、
少しやりたかったな、と思える作品のチャンスも
逃してしまいました。
これは、しかたないんですがね。
1日が48時間ぐらいあればいいのですけど。

入園式、入学式が無事終わり
懇談会とか、授業参観とか母としての公式行事が
少しずつ、片付いてまいりました。

ジャイ子は思ったよりもすんなりバスに乗り、ホッとしています。
ハナコは思ったよりもスットコドッコイのようで、毎日学校に何かを忘れてきたり
物をなくしたりしています。ああ、血筋だ…(←誰の?)

さて、突然ですが、我が家には猫だけでなく、犬もいます。
モモちゃんという13歳の雑種と、へいちゃんという
年齢不詳(15歳ぐらい?13年前にうちに来た時には
すでにオッサンになっておりました。)のハスキーもどきがいます。

4月のアタマぐらいに
元気がないな、と思っていたモモちゃんが
なんだか急に、とても具合が悪くなりました。
元気がないな、と思って病院に行って
5日くらい検査入院をしていまひとつ原因が分からず
とりあえず自宅で投薬の体制にしましょう、ということになって
自宅に帰ってきて2日後ぐらいに 後ろ脚が動かなくなってしまいました。
それでも、前足だけを使って、一生懸命歩いていて
食欲もあって、しばらく数日ごとに 通院して様子を見ていましたが、
3日前ぐらいから、前足も思うように動かなくなりました…

元気がないな、と思った前の日の夕方の散歩では
思いっきり走り回っていて、
2匹でダッシュさせた時も、いつものように、
へいちゃんを大きく引き離していたので
なんだか信じられず、「こんなのウソだよ…」と
事実を受け入れることもできずに この数週間を過ごしていました。

どうやら腫瘍のような影があるらしいんですが
足が動かなくなった原因もよく分かりません。
明日また病院なのですが、いろいろ聞いてこようと思っています。

食欲だけはあるので、奇跡が起こってくれるのを願いつつ
家族で看病をしていこうと思います。
ジメジメしていても仕方ないので
前向きにならなきゃ!と やっとここ数日で思えるようになった感じです。

修羅場が終わらず、夜中も結構起きているので、
「生きてるかな?」「息しているかな?」と
何度も確かめたりして 睡眠を妨げて
かえって寿命を縮めているのではないかと
最近、反省しています

こんなとき、フリーランスでよかったな、と思うのですけども
実は3月の時点で、4月に数回だけ、出勤の形の仕事を入れてしまっていました
モモちゃんの病気も突然だったし、
もう直前になっていたので、ドタキャンもできません。
(いつもお世話になっている会社さんの、大元のクライアントさんへ行く、
 という仕事なので(翻訳業務ではないんですが)
 ドタキャンがどれだけ迷惑をかけるか、と考えただけでも恐ろしい)
まあ、基本は午前中だけの数時間なのですが
「お願いだから私がいない間に 何も起こりませんように」と
モモちゃんに手を合わせてから(←意味不明)出かけています。

「大丈夫かな、大丈夫かな・・・」と思いながら
東京の街を歩いていると 「○○ショップ モモ」などという看板が
目についたりします。
しかし、仕事は集中して頑張ります。モモちゃんの治療費も
か・な・り かかるので 頑張って稼がなくてはいけませんよね。
この仕事も、あと数回で終わりだし…

それでですね、
「ラッシュの電車は30代も後半になると結構きついわ…」と思いつつ
電車に揺られていたら、なぜか電車の中に
アリがいました…アリですよ、アリ。
ムシムシくんのアリです。
誰かのカバンとかについていたんでしょうか。

電車の壁を這うアリの姿から 私はもう目が離せなくなり
「あ~あの人、よっかかってると、アリが背中につくんじゃ…」とか
余計なことばかりを考えて、ラッシュの苦しさも若干は忘れたのですが
みなさん、全然気にしてない(←気づいていない?)感じだったんです。

東京メトロの地下鉄にアリがいるって
普通なんでしょうかね?

あ、最後になりましたが
エリオット・ヤミンちゃんがまた来日しますですよ。
5月にアルバムも出ますです。

ヤミンちゃんの歌を聴けば、パワーが出る気がする。
そして、モモちゃんにも奇跡が起こる気がしています。

別窓 | つれづれ | コメント:12 | top↑
気がつけば4月。
あらあらまあまあ、気がついたら4月になっていて
3月は1回しか更新していませんね。

みなさん、いかがお過ごしですか?

すっかり春になりましたね。時々とても寒いですけれども。

うちの近辺の桜もボチボチ咲きはじめ
今年初のカエルくんが
我が家のカエルホテル(←ただの水槽)に滞在しています。

修羅場が終わったあと、“ちょっとゆっくりめ~”の仕事を仕上げ
(それでも、なぜか最後はバタバタするのですが)
さあ、今度こそ休むぞーと思ったら
また新たな修羅場に突入…
内容も納期もきつめなので
「ちょっと、自信がないんですが」とかなり後ろ向きな返答をしてしまったのに
「とりあえず、映像を見てみてくださいっ」と
会社さんでも、かなり切羽詰まってる感じなので
いつも迷惑ばかりかけている身としては ちょっと断れません…

来週は入学式と入園式があるので
頑張らねばなりませぬ。
あー子供会の行事もある…
子供会は思ったよりちょっと大変ですが頑張らねば…

結構な修羅場になりそうなのですが
予算的にも厳しいらしく、収入的にはどうでしょう、などという
「考えてはならないこと」がふと頭をよぎった瞬間に
厳しめのチェックバックがあったりすると
私などがお金をもらってるのは ありがたいことだと
ずずーん…と思ってしまったり
春なのに、ちょっぴり気分の沈んでいるワタクシでありまする。

最近 月に1回くらいは韓国語の素材がやってくるので
春からはNHKのハングル語講座でもやって
少しでも勉強しよう、という決意もあるのですが
気がついたら、もう始まってるんですよねうぁぁぁぁぁ…

ああ、算数セットの名前付けもまだ途中までしかタロウにやらせてないし
いや、まだ終わってないし
タロウに早く続きをやらせなくちゃ、いや、早く仕上げなくちゃ…。
ハナコの幼稚園の体操服から名札を外してジャイ子の名前に変えなくちゃ…。
お手さげとか体操服袋とか、布地を買うところから頼んでしまったので
名前だけでも自分でつけてあげなくちゃ…。
あージャイ子の幼稚園のクレヨンとかハサミとかのりとか
そっちも名前付けがあったのでした。
タロウとハナコに手分けしてやらせなくちゃ、
いやクレヨン一本一本に愛をこめて、母が書いてあげなくちゃ…母がやらなくちゃダメかしら?
そもそも、4月に入ってもまだやっていない人なんているのかしら…

今日は ハナコの幼稚園の同窓会で(早いっ
いっぱい遊んだので きっと明日は仕事させてくれるはずでありましょう。
頑張らなくちゃ。

ちょっと気分が落ち込みモードのときに、
こんな映像を見つけました
ジミー・ファロンの番組にジョン・ボン・ジョヴィがゲスト出演している映像。
ジョン様のかっこよさは当然ですが(←ハハハ)
ジミー・ファロンがすごくいいです
お時間があったら、気晴らしにどうぞ~
ファンとのデュエット(???)があって、かなりうらやましいっす。

今回の記事、「頑張る」という言葉が何度も登場しましたね。さて…何回でしょう???
(意味のない質問なので、ホントに数えたりして時間を無駄にしないでくださいね。
 賞品もありません)


**追記**
 今現在、小学校、幼稚園ともにクレヨンなどこまごました物の名前付けが終了。
 体操服やスモック、お手さげや体操服袋、コップ入れ、箸入れ等の
 布地系の名前付けを大量に、ちくちくちくちく…と、つけています
 算数セットはやっぱりタロウにやらせようっと…

別窓 | 翻訳と育児 | コメント:21 | top↑
| ミントの映像翻訳者への道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。