駆け出しの映像翻訳者の日記です。洋楽、映画、海外ドラマの話、子育ての話、翻訳の話などを、不定期で更新中。ホントに、すごく不定期です。ごめんなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
Ray/レイを観ました。
かなり今さらなのですが、この映画を観ました。
Ray / レイRay / レイ
(2005/06/10)
ジェイミー・フォックスケリー・ワシントン

商品詳細を見る


もう数年前ですし、かなり話題になった映画なので、
ご覧になった方も多いことでしょう。

次のお仕事の素材が少し音楽に関係するので
参考になるかな、と思って改めて観直してみました。

ジェイミー・フォックスのすばらしさなどは
今さら私が語るまでもないと思うのですが、
今回観てみたら、海外ドラマにもよく出ている女優さん、俳優さんが多くて
そういう意味でも楽しめました。

Boston Legal のチェリーナ役のケリー・ワシントンが
レイ・チャールズの妻のデラ・ビーの役。

愛人の一人には、24(シーズン6?)の
パーマー大統領の妹役のレジーナ・キング。

あとはnumbersのチャーリーや
デス妻でブリーに言い寄る刑事さん、とか。(Boston Legalの聖職者役もやってましたね)
まだまだ。。。

字幕は石田泰子さん。

大変勉強になりました。

少しだけ、例を挙げてみます。

レイ・チャールズと後に妻となるデラ・ビーの会話の中で、
今の曲は以前に他の誰かの曲として聞いたことがあるような
感じがする、という感想を述べたデラ・ビー。

デラ・ビー I keep wondering what the real Ray Chalres sounds like?
       本当のレイ・チャールズは?

レイ     Ray Charles? Who is he?
       一体 何者だ?

デラ・ビー Nobody, if you don't know.
今は人マネよ

最後、けっこう思い切った言いかえがカッコいいと思いました。





スポンサーサイト
別窓 | 映画・ドラマ | コメント:13 | top↑
| ミントの映像翻訳者への道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。