駆け出しの映像翻訳者の日記です。洋楽、映画、海外ドラマの話、子育ての話、翻訳の話などを、不定期で更新中。ホントに、すごく不定期です。ごめんなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ライヴ・レポート♪
夏休みも終盤、宿題も追い込み、、、という8月30日(土)に
数時間ですが「ママの夏休み」をもらいました
(この前、子供を寝かしつけた後、レイトショーに行ってませんでした?
 という ツッコミはなしにしていただけるとありがたいです)

行ってきたのは
ビルボード・ライブ東京で行われた
エリオット・ヤミンのライヴ♪です。

アメリカン・アイドルのシーズン5でエリオットが3位でgoing homeとなったときには
日本に来てくれる日がこんなに早く来るとは思ってませんでした。
(でも、すでに何回か来日しています。私がライヴに行ったのは初めてでした)

会場がビルボードライブというおされなスポットだったので
場違いだったらどうしよーと遠慮(?)してカジュアルエリアにしていたのですが
それでもステージの左側の真上から見下ろす感じで
すごくステージが近かった
本当にすぐそばでした。
これで6500円はお得すぎますよ!(注:大阪や福岡は若干値段が違います)
会場を見渡した感じでは、どの席でも特等席。ビルボードライブさん、すばらしいです

ちなみに、ブログともだちのぼたんさんやもとこさんは、目の前の座席で
エリオットに握手してもらってました。(2回ぐらい???)

で、感想なんですが、
いや、ホントにエリオット、歌、うますぎ!
生で歌って あんなにうまい人がいるんですか???ってくらい
本当にうますぎです。
そして、すーごーくー〈力、入ってます)かっこいい
本当にかっこよくなっていますよ、彼は。。。
あらためて、惚れてしまいました。。。歌、うまいよ、かっこいいよ、君。

アメ・アイ時代のいい人キャラも健在で
日本のファンへの感謝やそれぞれの歌への思い入れも
ユーモアを交えつつしゃべってくれました。

どの曲もすごくよかったけれど
すごく歌詞がいいから、ちゃんと歌詞を聴いてね、と
エリオットが言ってた "Free".
最近 落ち込むことの多い私には かなり心に響いてきました。
Nothing's impossible...
I believe that miracles happens to those who refuse to be told...
They can happen when we least expect...

こういう言葉の一つ一つが胸に響きます。がんばらなくちゃ。

そうそう、シーズン5に出場していたスウェイ
一緒に仕事をしているらしく、来ていたので
スウェイが出てきたときも そしてその後 エリオットが出てきたときも
私はSATCでよくキャリーたちが叫ぶみたいに「きゃー!」と言いたかったけれど
おっされ~で、大人~な会場だったので、グッとこらえました。
スウェイはステージの左側にいたので
何度かこっちに手を振ってくれました。
エリオットも ちゃんと ステージを歩き回って
みんなにサービスしてくれましたよ。

アンコールで歌ってくれたのが  "A Song For You".
エリオットも話していましたが
本当に彼にとっては人生を変えてくれた歌です。
私たちファンにとっても エリオットを今のエリオットにしてくれた、という意味では
人生を変えてくれた歌と言えるでしょう。
この歌のところでステージの後ろのカーテンが開いて、後ろには
雨の東京の夜景。。。エリオット、ここまで成功してくれて嬉しいよぅ、
これからも応援するからね、と言いたくなった瞬間でした。

42日間という、苦しい、いえ、長すぎる、いえいえ
楽しい夏休みの締めくくりには最高の時間でした。
数時間、お留守番してくれた子供たち、
そして子守を引き受けて夏休みをくれた夫にも感謝です

明日から、またがんばらなくちゃ。

スポンサーサイト
別窓 | 洋楽 | コメント:10 | top↑
おかえり、キャリー♪
日曜日に、映画を2本見ました。

昼間、子供たちと一緒に崖の上のポニョを。

映画をご覧になっていない方も
「ポ~ニョポニョポニョ、さかなの子~♪」という
いい意味で力が抜けるあの歌は 耳にしたことがあるかと思います。

内容は、かわいくて、結構大人でも楽しめると思います。
子供たちは大満足でした

そして、そのままジャイ子さんには昼寝をさせず
計画的に早く寝かせて、
万一、泣いたらよろしくお願いしますと夫に頼んで
夜21:40からのレイトショーでSEX AND THE CITY(リンク先、音が出ます)の先行上映を見てきました

おかえり、キャリー、サマンサ、ミランダ、そしてシャーロット
待っていましたよ~

映画の筋書きなどは公式サイト、予告編、雑誌などのメディアで
大体 分かっている方も多いと思うのですが
それでも十分楽しませてくれる、涙アリ、笑いアリの
ファンのための映画という感じでした。

ファンのための映画と書きましたが
冒頭でドラマのフラッシュバックもあるので
ドラマを見ていない方でも
恋愛、家族愛、そしてファッション&女の友情。。。
などで十分楽しめる映画だと思います。

ジェニファー・ハドソンをイメージした役柄といわれている
セントルイスのルイーズという役柄。
これもかなりいい味が出ていました。
キャリーとルイーズは姉妹というか戦友というか。

ドラマの最終回でミスター・ビッグの本名が
明かされましたが
映画の中ではキャリーがビッグを名前で呼んでいるシーンがあり
なんとなく新鮮です。

ドラマのシーズン1からはおよそ10年経っているので
4人ともそれぞれ それなりに 年をとっているわけですが
シャーロット役の クリスティン・デイヴィス、
彼女はほとんど 変わらない気がしました。
大きなスクリーンで見ても あまり年月の経過を感じさせません。

映画の最後の方では サマンサの年齢も分かります。
ドラマでは 年齢のことをあまり言わなかった彼女が
こうして公言(?)するのも 意義があるのではないかと思います。

字幕翻訳は古田由紀子さん。
さすがにお上手でした

ちなみに、30代後半にしてレイトショーデビューでした。
日付が変わってから帰宅したのは10年以上ぶりですかね。

別窓 | 映画・ドラマ | コメント:8 | top↑
帰省してきました。
ご無沙汰しておりました。

約3日間ですが、帰省してきました

もう子供たちは 遊ぶこと遊ぶこと遊ぶこと・・・。
朝から晩まで 飽きもせず 3日連続お泊り保育のようなもの。
珍しいにも遭遇し、大満足していました。
帰りには涙、涙、、、小さくてもいとこや祖父母、おばちゃまとの
別れはつらいんですね。

うまく気持ちを切り替えて
この後は宿題を少しがんばってもらわなくてはいけませんね。

今回の交通手段は、行きは飛行機、帰りは特急+新幹線
ジャイ子さんが3歳になってしまって飛行機も子ども料金を取られるので
往復飛行機は お財布的に結構きついので、
帰りはがんばって陸路で帰ってきました。
まぁ、結構疲れますが、料金がかなり違うので
次回は 往復陸路に挑戦しようかと考え中です。

SATCの一挙放送の真っ最中で、実家では
WOWWOWが見られなかったので
たまった録画が私を待っています。
しばらく退屈しなさそうです。
今回の一挙放送は字幕なので、保存版として
とっておこうと思います。

FOXでNCISのシーズン1も毎日放映しているので
こちらも忙しい。

ドラマばかり見ている場合でもないのですが。




別窓 | つれづれ | コメント:2 | top↑
| ミントの映像翻訳者への道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。