駆け出しの映像翻訳者の日記です。洋楽、映画、海外ドラマの話、子育ての話、翻訳の話などを、不定期で更新中。ホントに、すごく不定期です。ごめんなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
風邪引いてました。
日英の吹替のシリーズも私の担当分は終わり
安心したというか、油断したというか 風邪を引いていました
やっとピークが過ぎた感じです。

ジャイ子様にもうつしてしまったので
久々に鼻水女王様の復活です。
「鼻水」を「鼻血」と言っていた女王様も
最近はちゃんと区別できるようになりました。
あ、時々「つめから鼻血が出てる」と言ったりはしますけど。

次の納期は連休明けかなーと読み始めたのがこの本。
これから社会に出るきみへ―有名人が贈る60の勇気これから社会に出るきみへ―有名人が贈る60の勇気
(2005/02)
エドワード ホフマン、 他

商品詳細を見る


私が初めて「社会に出た」のは10年以上前ですし
今さら「これから社会に出る」というわけでもありませんが
翻訳の世界では、まだまだ超がつくほどの駆け出し。
そして、30過ぎた今だからこそ、なるほどと言葉の重みを感じるものもあります。

各界の第一人者、60人が大学の卒業式で行ったスピーチの抜粋を集めたこの本。
すべてに「その通りだ!」とうなずけるわけではありませんが
なかなか含みのある話も多くありました。

「自分には無理」にサヨナラしよう。
いつか訪れるチャンスに備えよう。

→誰のスピーチでしょう?(一番下に追記しておきますね)

こういう心に「ピン」とくるものがいくつかありました。

中でも今の私にグッっときたのは
「するのが好きなことを、したくない日にも、する。
 それがプロというものだ」という言葉でした。

ちなみにジョン・ボン・ジョヴィのスピーチも掲載されています
ジョンは「人生は先が見えないから楽しい」という話をしていて
人生の図面を書くなら(書き直しが出来るように)鉛筆で、と話したようです。

さて、全然話が変わるようですが、「先が見えない」話ということで…。
連休明けまでゆっくりできるかも、と美容院の予約をしたら
(なんと半年振りであります
土日はちょっと忙しくなりそうです。
でも、美容院の予約のキャンセルはしたくないです
なにせ半年振りですから・・・
今日はPTA関係の引継ぎがあって午後全てがつぶれそうなので
今夜からリポD飲んでがんばります

***************************************************

「自分には無理」にサヨナラしよう  
  俳優のヘンリー・ウィンクラーのスピーチから。

いつか訪れるチャンスに備えよう
  音楽プロデューサー ジョージ・マーティンのスピーチから。

「するのが好きなことを、したくない日にも、する。
 それがプロというものだ」 
  バスケットボール選手でスポーツ解説者の
ジュリアス・アービングという人の言葉を
  ジャーナリストのデイヴィッド・ハルバースタムが紹介しています。

****************************************************
スポンサーサイト
別窓 | 翻訳と育児+つれづれ | コメント:6 | top↑
| ミントの映像翻訳者への道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。