駆け出しの映像翻訳者の日記です。洋楽、映画、海外ドラマの話、子育ての話、翻訳の話などを、不定期で更新中。ホントに、すごく不定期です。ごめんなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
久々のヒット♪
2歳児のおしゃべりというのは本当に面白くて
時々プッと笑ってしまうことも多いのですが
最近はお話も上手になってきて、
面白いジャイ子語も減ってきていました。
そんなジャイ子語に久々のヒット♪が出ました。
(勝手に私がそう思っているだけですが)

扇風機を久しぶりに見かけたときの言葉です。

「ママ~なっかしいね(懐かしいね)。
せんきゅ~ぴ~よ~」

「せんぷーき」→「せんきゅーぴー」…ワハハ。

キューピーちゃんが大好きなジャイ子は
そのまま「た~らこ~た~らこ~
と歌い始めたので
ますます プププッと笑ってしまいました。

こういうローマ字にして、バラバラにしたような間違いって結構多い気がします。
もう言わなくなりましたが「コップ」→「ポック」とか
最近もまだよく使う「あったかい」→「あっかたい」とか。

それはともかく、ここでテンプレまでキューピーにしてしまった私は…
ハイ、ただのアホです。

しょっぱなから くだらない話で失礼しました

さて。

3学期が始まり、早起きの日常が戻ってきました。
みなさんは 体調など崩していませんか?
年末の風邪からいまだ完全復活できずにいる私ですが
新年の目標の2日に1つは上手な字幕を書きとめる…
今のところ 続けられています。

その「収穫」の中からいくつか。

やっと見始めた「24」のシーズン6からは…

The President must have given up a lot to make this happen.
大統領は さぞ譲歩を

このthis は「ある取引」のことを指しています。
「この取引を成立させるために」ということです。
直訳が「~したに違いない」です。

「さぞ」で かなりニュアンスが出ていますよね。すばらしい
この前後に「相当に」という語も登場していました。
この辺りの言葉をなるべく何度も同じ語を使わずに
使いこなしていて 脱帽であります。
(同じ回に「さぞ つらい思いを」は ありましたが)

ここ数日のイチオシ(?)の字幕でした。

気になったので この部分だけ吹替にも切り替えてみました。

吹替の訳は…
「この取引は高くついたでしょうね」でした。

こちらも上手ですよね~。
耳で聞いたら「この取引」という言葉があった方が分かりやすいし
「高くついた」などという言葉がさらりと出てくるのですから
すばらしいですよね。

次に
私の好きなドラマ「ボストン・リーガル」からは…

How can you possibly know that?
決めつけないで

こちらは早口で言い返す場面で。
うまいですよね~絶妙にニュアンスが出ています。

最後に「フレンズ」のCMから…

I don't want it to end.
名残惜しい

これはジェニファー・アニストンのインタビューの中のセリフ。
録画でなく チラッと見ただけなのですが
「このドラマが終わって欲しくない」という意味を
上手にずにまとめてあるなぁと思いました。

こういう上手な字幕を見ていると
自分はまだまだだなぁと思い知らされます。

嘆いてないで 次回が最終回の通信講座に
そろそろ手をつけ始めま~す。
がんばろうっと。








スポンサーサイト
別窓 | 翻訳と育児 | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
| ミントの映像翻訳者への道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。