駆け出しの映像翻訳者の日記です。洋楽、映画、海外ドラマの話、子育ての話、翻訳の話などを、不定期で更新中。ホントに、すごく不定期です。ごめんなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
作っちゃいましたよ。
今日は雨

本当はハナコの運動会の予定だったのですが
雨のため、順延。
明日も雨の予報なので明日の実施もナシ。この後は未定です。
来週はタロウの小学校の運動会なのに。ドキドキします…
小学校と幼稚園の運動会が重なっても、その日は夫は仕事だし
また 学校と幼稚園の間を走るのでしょうか…
発表会の悪夢がよみがえります

幼稚園から中止のお知らせメールが届いたのは
朝の5:50ごろ。
7:50集合だったので どちらの場合にも備えて
当然お弁当は作っておかなくてはなりません。
ジャイ子の「ひえ~んに備えて
5時半にはお弁当ができていました。
お知らせメールの後、複数の友人から
「お弁当作っちゃったわ!」というメールがが届きました。
まぁお昼ごはんが楽といえば楽ですがねー。
今日は運動会ごっこでもしましょうかねー。
こういうときのために、室内専用のレジャーシートがあるといいかもしれませんね。

さて 例の英訳チェックは
日本人チェッカーの手が入った後
さらに別のネイティブがリライトして
商品として通用するものに仕上げました。
そのリライトした原稿をさらにまたチェックしました。
(ただし、今日は朝から昼過ぎまで
 まったくお手伝いできない状況だと言ってあったので
 私が見たのは昨日の時点で上がってきていたリライト原稿のみ。
 本当は、どんな風に仕上がるのか最後まで見たかったです)
いくらネイティブが訳したものでも
日本語からじかに訳すと どうしても日本語的な英語になってしまうのでしょう。
それをさらに 「英語」として読みやすいように仕上げた、というわけです。
こうして考えると 商品として(今回の場合は本として)店頭に並ぶまでに
いかに 丁寧に作っていくかがわかります。
そして、美しい英語の文章というのは
こういうものか と思い知らされたりもします。
このレベルに達するまでには まだまだ精進が必要だと思いました。

しかし、英語→英語といっても
やはり少しニュアンスが違ってしまうと
大元の原文とは意味が違ってしまうこともあります。
こう考えると 重訳も怖いです。
この前の韓国ものは大丈夫だったかしらと
かなり不安になりました。(←小心者)

とりあえず今日の土曜日を乗り切れば
(日曜に依頼が来ることはよっぽどのことがない限りないので)
明日はいっぱい遊べそうです
ここのところ土日は心のどこか引っかかるものがあり
思い切りは子供たちと遊んでいなかった気がします。
(ミッフィーの握手会に行ったり
 ハナコの誕生日をやったり それなりに遊んではいました
 ただ「今ミッフィーとこうやって遊んでていいんだろうか?」
 みたいな 気持ちがどこかにあって 思い切り遊びきれなかったというか…)

来週は今のところ暇なので
通信講座の課題にも手をつけようと思います

スポンサーサイト
別窓 | 翻訳と育児 | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
誕生会行って来ました。
ファイルは結局 火曜の午後6時ごろ届きました。
午後6時になってしまっては
その後は お風呂、ご飯、寝かしつけ…
うまくいっても10時ごろまで作業はできません。

しかし、終わらずに
ハナコの幼稚園の誕生会に行けなくなる
ということだけは どうしても避けたかったので
がんばって ほぼ徹夜して仕上げました

ファイルが遅く届くということは
それだけ翻訳者さんも作業がずれ込んでいたのでしょう。
切羽詰って仕上げた訳という感じあり
単純な「誤訳」「訳抜け」「ケアレスミス」というものが多く見られました。
(でも、もちろんネイティブの英文は
 私のものとは桁違いに上手です

私も台本翻訳など納期が厳しいものは
正直、切羽詰って仕上げることがあります。

チェッカーの立場から見ると
「丁寧に仕上げた訳」と「切羽詰った感のある訳」には
やはり違いがあります。
今回の経験は、チェッカーとしてだけでなく
翻訳者の姿勢も学んだ気がします。
勉強になりました。

さて、ハナコの幼稚園の誕生会、
行ってきましたー。

自宅でも誕生日当日にお祝いはしましたが
こうして 集団の中で祝ってもらって
「うめぐみのハナコです。5歳になりました」とか
言っているのを見ると、本当に成長したな、と胸が熱くなります。

そして やはりコレですよ。

子供たちの歌。

私は(多くのお母さんは?)コレに大変弱いのです。

ま~た ひ~と~つ~ お~おきくなった~

とか

ありがとーママ~ おおきくなります~

もう このあたりで ウルウルウル…

(そういうときにジャイ子が「ママ~トンボよ~」
 と お遊戯室に響き渡る大声で言ったりしますので
 急に現実に引き戻されますけど)

その後 お昼を食べ終わるまで
子供たちと一緒に過ごしますが
幼稚園の先生ってホントに大変だなぁ

ハナコのクラスは9月生まれが2人だけだったので
子供たちが群がる群がる…
男の子には戦いを挑まれるわ
女の子からは3方向ぐらいからおしゃべりが飛んでくるわ…

それにしても
タロウは幼稚園時代
「みんながお集まりしていても1人でハエを追いかけてたらしい」とか
「七夕発表会で幕が開いたら我が子の姿がなかった
 (「今日は出たくない」と廊下に座り込んでいた)」とか
マイペースで有名でしたが
「タロウよりはしっかりしている」と思っていたハナコも
結構マイペースだったなぁ…(血筋?ワタシ?)

実はこの日の日中に作業してほしいと
前日に別の依頼があったのですが
徹夜明けの誕生会の後では無理かなーと思ってお断りしました。
やはり帰宅後 ジャイ子を寝かしつけながら
夢の世界に行ってしまいました。
(水曜だったのですぐにハナコのお迎え時間になり30分ぐらいでしたが)

特典映像のインタビューで、
内容的にはできればやりたかったのですが…残念。
こういう急ぎの仕事こそ
新人に回ってくるものですよね。
あと1日ずれていればなぁ。

でも、どう考えても年に一度の誕生会のほうが大切ですからね
いろいろなことを忘れていっても
誕生会のときの、少し大人になったような表情は
忘れないかもしれないなぁ。







別窓 | 翻訳と育児 | コメント:15 | トラックバック:0 | top↑
誕生日と落とし穴。
右側の方に、パイ店をオープンいたしました
よろしければクリックしていってください。
「フェリシティの青春」のケリー・ラッセル主演、日本ではこの秋公開のこの映画
予告編を見た限り、ちょっと面白そうかも。

さてさて 3連休中に私とハナコの誕生日が連続してありました。
もちろん私のお祝いの方は省略ですハハハ…

ハナコちゃん 5歳になりましたーおめでとう
これからも優しいお花ちゃんでいてください。
本当に早いですねー子供の成長は。しみじみしちゃいます。

明日は幼稚園で9月生まれの子の誕生会があります。
ジャイ子を連れて行くのはいささか(すごーく)憂鬱ですが
ちょっと楽しみです

さて 3連休だしハナコのお誕生日もあるし
わりと暇なスケジュールでよかったなーと思っていたところに
英訳チェックのお話が入りました。

日英翻訳の方が稼げると聞きますが
私の場合
それなりの質のものを仕上げようと思うと
結構時間がかかって
「これって効率的にあまりよくないんじゃ…」
と1人で突っ込んでいる今日この頃です。
やってはいけない「時給に換算」とかしてしまうとガクッと落ち込みます。
(注:これは、実力のある翻訳者さんにはあてはまりません

でもまぁ今回はチェックだし自分でイチから訳すわけじゃないし
邦画のノベライズの翻訳で
(映像翻訳がカバーする分野も
 こうしてみると結構広いですよねー)
映画は見なかったけど、ちょっと気になってた映画で
しかも翻訳者さんはネイティブの翻訳者さん
それならば文法とかはバッチリだし、英語の勉強にもなるかも…
そう思って引き受けさせていただきました。

そして…

さすがにネイティブ。とても自然な言い回し。
私ならこんな風に、さらりと訳せないな~と思うような文章の数々。
大変勉強になります

ただ またもや落とし穴が…私という人は本当に甘いです。

日本語って難しいですよね。
外国語として日本語を習得した人は本当にスバラシイ

文法自体も難しいし 細かいニュアンスを含んだ言い方がとっても多い言語だと思います。

「まずいものを食わされた」
この受身のニュアンス。ただの受身ではなく被害の気持ちが入っている、とか。

「甘いよなあ」
→何が甘いの? これは甘やかしすぎって意味?それとも私みたいな人間のこと?
 この辺は日本語のネイティブでなければ難しそう。

そして主語がないから 紛らわしいです。
名前が似ていたりすると翻訳者さんが混乱したりするのは
わかる気がします。

似たようで全然違う言葉も限りなく多いと思いませんか?

「胸がしめつけられるような思いで」⇔「胸がしめつけられるような思い出」
「心にもない一言」⇔「心ない一言」
このあたりは、間違えていても前後の流れによっては
さらりと読めてしまったりするので なかなか厄介です。

こういう細かいところを丁寧に見ていくと
結構大変です。
当たり前といえば当たり前ですが。

私が英語から日本語に訳したものも、こういう勘違いがあるかも…
そう思うと身が引き締まる思いでした。

そして 最後の落とし穴。

私は140ページぐらいを担当したのですが
最後の40ページ分のファイルがまだ届かないんです
納期は明日の午前
どーしよー…

明日のハナコの誕生会ははずせないですから
納期を延ばしてもらうべきでしょうか
新人らしく今夜も徹夜するべきでしょうか。

悩みます。

とりあえず早く届きますように…

ジャイ子が寝たので 一緒に昼寝でもしておこうかな。




別窓 | 翻訳と育児 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
落とし穴。
い~とまちち~ い~とまちち~
 (注:ジャイ子語で「糸巻き巻き 糸巻き巻き」)
 ひ~て ひ~て とんとんとん
 (この とんとんとん が この上なくかわいい←親ばか)

最近この手遊び歌がお気に入りのジャイ子さま
「できたできた○○ちゃんの おくつ」
のところを 自分なりに変えて歌っていますが
「パ~パのび~る~」には ウケました。
糸巻いて ビールつくっちゃいますか。
パパといえば、ビールですか。

さて。

先週 初めて100分以上あるお仕事をいただいたのですが。
これが実は韓国語…。
韓国語は専門ではありません。
それどころか、ブームになっている韓国モノも
「冬ソナ」や「私の中の消しゴム」「B型の彼氏」…
そういった有名どころしか見ていません。
ですが、内容的にできればお受けしたい内容だったので
思い切って引き受けました。

英語字幕がついていて
すでにハコを切ってあるというので
「おお、これはいけるかも」と思ったのですが
これが大間違いでした。

私は「英訳」の経験は文書の翻訳のみで
字幕というものをやったことがないので
英語字幕も見慣れているわけではなかったのですが…。

こうしてよく見てみると
英語字幕のハコ切りの仕方は
日本語字幕のやり方とはちょっと違うようです。
7秒以上、8秒近いものも結構あるし
一番大きな違いは 2人の話者の字幕が
同時に出ていることが少なくないことでしょうか。
(注:日本語字幕でもどうしても両方出したいときは
   クライアントさんによっては出してくれることもあるそうで
   必ずしもダメということではないそうです。)

1つのハコを2つに分けたり
逆に2つのハコを1つにまとめたり
普通にやっても結構出てくる作業だと思いますが
慣れない書式での作業はしばらく進みが悪くて
結局 ハコの切りなおしに1日かけてしまいました。(←遅すぎ

以前 制作会社の翻訳スタッフの方に
何日くらいかけて1本仕上げるかを聞く機会があったときに
「調べ物で1日はとっておく」とおっしゃっていましたが
たしかに調べ物も結構な量になります。
今回は内容的にリサーチが多い種類ではなかったと思いますが
コアなファンの多い韓国モノだけに
不自然じゃないように文化背景などを
調べたりするのに 結構時間がかかりました。

スクールの先生が言っていた言葉。
語学力はあって当たり前。
(確かにこれがないと 決まった期間内に
 ある一定量を訳せません)

大切なのは日本語力
(ぴったり自然な日本語を次々に出せる引き出し)

この2つの言葉を身にしみて感じました。

スクールの課題やトライアルのように
ある程度見直しができる期間があるわけではありません。
大抵は厳しい納期の中で
最初に浮かんだ訳語を変えていく時間がないまま
納期はやってきます。
というか 見直しは「イタリック指定」が抜けていないか とか
タイムコードの修正の必要な印を忘れていないか とか
そういうことで精一杯でした。

今回も納品後に
「ここは○○の方がよかったな」と思う箇所がありました。
チェッカーの経験から
「ここはチェックが入るかな」とあとで思ったところも
本当に自分はまだまだだなぁと思います。

それにしても 原語が英語なら
「この意訳もアリ?」と思えても
原語がわからないと なかなか思い切れません。
新人が入り込むには
何か英語以外の言語ができるとよいのかもしれませんね
遠い目になってしまいますね…

とりあえず日本語の引き出し
すぐにサッと開けられるように修理して
中身を増やして…

がんばろ~…

別窓 | 翻訳 | コメント:6 | トラックバック:1 | top↑
アーサー試写会。
こんなことをしている場合じゃないのですが

近所の映画館で『アーサーとミニモイの不思議な国』
http://www.arthur-movie.jp/top.html
の試写会があったので タロウと2人で行ってきました。

子供を産む前は試写会にもよく足を運びましたが
最近は映画館すら身軽に行けません。
試写会は多くが都内だし 時間も夜が多いので
実に8年ぶりぐらいでしょうか。

終了時間が9時近かったので
次の日の学校ことを考えるとかなり迷いましたが
レミーをみにいったときに予告編をみて
ぜひみたい!!と試写会に応募したタロウの
強い希望もあって、重い腰を上げて行ってみたら
吹替版の試写会というだけあって
小学生の姿がワラワラ…みんな眠くないのー?

前置きはさておき、映画ですが。

面白かったですよ
(でも普段寝かしつけしている時間だったので
 実は10分ぐらい記憶がないところがあります

フレディ・ハイモアくんが
『ネバーランド』や『チャーリー』のときより
大人になったなぁ。
こういうふうに思うのも年取ったってことでしょうか。

おばあちゃん役のミア・ファローは、あんまり年取らないなぁ。

タカアンドトシも声優として参加しているってことで
せりふの中に「欧米か!」もありました。
これはDVDになるとき どうなるんでしょうね。
気になります。

字幕版の声優陣もマドンナやデニーロなど、なかなか豪華。
こちらもみてみたいです

どうやら 続編もあるらしい。
楽しみです
別窓 | 映画・ドラマ | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
勉強になりました。
幼稚園の行事に
ジャイ子を連れて行ったら
最後のほうに恐怖の「イヤだ」スイッチが入り
大泣き大暴れ、叫ぶ転がるたたく・・・(まだまだ続きます

疲れました。
腕がガクガクいってます。歳ですな。

さて、大泣きの後
帰宅して授乳したらコテッと寝てくれましたけど
寝かしつけながら観ていた(本当はいけません)
HOUSE。
シーズン2も面白いですねー。
チェイス、ちょっと太ったかしら。
(私にだけは指摘されたくないかもしれないですね

さっき観ていたのは先週分。
その中でうまいなぁと思う字幕がありました。

放送禁止用語の域に入るところだと思いますが
まぁcrazyを使っているといえば、ピンとくるでしょうか。

使えない字の変わりに
「イ○れている」
  (←これはOKですが、個人的に私はあまり好きではありません)
「正気じゃない」
などが 映画、ドラマでよくお見かけするパターンです。
その他の言い回しは字数が増えることが多いですよね。

今回の例は・・・

愛が人を惑わせる」(原文:People do crazy things for love.)

公園で1日中 ハトに
 話しかけてるわけじゃない

 (原文:No, crazy is hanging out the park all day
talking to pigeons.)

彼女は正気だ」(原文:Margo(患者)knows what she is doing.)

と持ってきていました。

for loveですから 「惑わせる」は、ピッタリですよね。
2つ目でもcrazyを使わずにうまく処理して
しかもその後で「正気だ」と持ってきているので
意味が離れすぎることもなく 
しっかり伝わっています。

上手ですよねすばらしいです
勉強になりました


別窓 | 映画・ドラマ | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
脱力感。
台風で幼稚園は今日も休園になりましたが(4連休!)
小学校は登校時間を遅くしただけで
休校にはなりませんでした。
皆さんのお住まいの地域では、大丈夫でしょうか。

さて、プリズンブレイク、シーズン2ですが
昨日シーズンフィナーレまで見終わりました。
プリズン・ブレイク シーズンII DVDコレクターズBOX2(「明日に向って撃て!」DVD付) プリズン・ブレイク シーズンII DVDコレクターズBOX2(「明日に向って撃て!」DVD付)
ウェントワース・ミラー (2007/09/14)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る


脱力感です・・・。

ネタバレになると困るので
詳しくは書きませんが
シーズン3もありということで。
http://www.fox.com/prisonbreak/

まぁ、すっきりしない感じと、
ちょっと納得いかないよ、という思いは
否めませんが
マイケルとリンカーンの組み合わせを引き続き見られるのなら
ヨシとしましょうか。
私はシーズン2も面白かったです。ドキドキしました。
シーズン3で終了して
様々な謎も明らかになるということですが、
どうなるでしょう。
アメリカでも今月から(…だったっけ)放映ですから
日本で見られるのはまだまだ先ですね

シーズン1の最初では
とにかくマイケルのかっこよさがめちゃくちゃ光ってましたが
シーズン1の終わりくらいから
リンカーンの少しアツくてワルな感じ、それでいてまっすぐな人柄も
すごくいい感じに描かれていたと思います。
シーズン2では
FBI捜査官マホーン役の
ウィリアム・フィクトナーもよい演技でした。

少し話がずれますが
このシーズン2のDVD、レンタル用では
1話しかプリズンブレイクが入っていなくて
あとはオマケの『24』とかが入っているという巻が
2本もありました
2話入っていてオマケの話し付き・・・ならまだいいのですが
45分弱の本編が1話のみで 普通の値段というのは
あまりにもひどい話じゃあございませんかね?
(しかもまだ新作だから高いのですよ~)

別窓 | 映画・ドラマ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
四字熟語の持つイメージ。
こんなことをしている場合じゃないのですが
マイケルとリンカーンの行く末が気になって仕方がありません。
もう少しで、見終わります。どきどきしています。

プリズン・ブレイク シーズンII DVDコレクターズBOX2(「明日に向って撃て!」DVD付) プリズン・ブレイク シーズンII DVDコレクターズBOX2(「明日に向って撃て!」DVD付)
ウェントワース・ミラー (2007/09/14)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る


最後までもう少し…なんですが、
『プリズンブレイク』のレンタル用では
『24』のシーズン6の第1話が入っている巻がありました。
そりゃ やっぱり観ちゃうでしょ、『24』も。
(でも、この巻には、プリズンブレイクは
 1話しか入ってなかったんです!ひどすぎません?)
金曜日からレンタル開始ですね…『24』のシーズン6。
全く別のDVDに収録されていた「シーズン5.5」というのは
第1話の抜粋ではなかったんですね。
あれこそ オマケってやつだったのでしょうか。

それで本題。ひとつ気になった字幕がありました。
誤訳でもなく、日本語の使い方も間違っていません。
むしろ日本語としては とてもこなれた日本語なんですが
なんというか 独特のイメージがある言葉で 
ちょこっと違和感というか。
タイトルにもある四字熟語を使った字幕なんですが。

テロリストに引き渡されたジャックに対する
そのテロリストのセリフ。

「一日千秋の思いだったぞ」。

原文は
I've been waing for this for a long time.

「一日千秋」。

この四字熟語からは 
私はちょっと違うイメージが浮かびます。
郷愁漂う感じというか
恋人を待ち焦がれる感じというか。
「秋」という字がクセモノでしょうか。
ここでの「秋」は「年」という意味なので
決して間違いではありません。
しかし、「秋」という漢字を目で見ると
こう、ちょっと違うイメージになってしまう感じなのです。
このイメージ、
私だけでしょうか?ゴメンナサイ。

四字熟語って そのものずばり意味を表すことができる一方で
それぞれの人が持つ独特のイメージがありそうで
難しいんではないでしょうか?
覚えるときに、背景を習ったりしたことが
こういう時、邪魔しませんか?
「孤立無援」なら比較的さらっと読めても
「四面楚歌」とくると項羽をイメージしたり…みたいな。

私は、ここで一瞬立ち止まってしまいました。

10字です。

やっとこの日が来た?
この日を待ち望んでいた?

こういうなんでもない言葉を使うよりは
ずっとインパクトのある字幕ですから
それを狙ってつけた字幕かもしれませんね。
いずれにせよ、日本語が豊かだからこそ、
こういう字幕がさらっとつけられるのでしょう。
がんばろ~っと…
別窓 | 翻訳 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
| ミントの映像翻訳者への道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。