駆け出しの映像翻訳者の日記です。洋楽、映画、海外ドラマの話、子育ての話、翻訳の話などを、不定期で更新中。ホントに、すごく不定期です。ごめんなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
1つの区切り。
うちのカツオ…じゃなくてタロウときたら
8月31日になって 「プリントのほかにも
ドリルの終わってないところも宿題だったらしい」
と気がつくという
まったくもって カツオ大賞かまる子大賞でも
あげたくなります。
細かくチェックしていない母も母ですが、
まったく気にした様子もなく
午後は外に遊びに行ってしまいました。
「反省」という言葉を知っているのかどうか
聞いてみようと思っています

さて 明日でスクールの授業も一区切り。
4月から10回あった講義もひとまず終わりです。
スクールの時期と仕事が最高に忙しい時期と重なり
しみじみ実力不足を感じてしまう数ヶ月間でした。
スクールの勉強はいつも後回しになってしまい
あまり納得のいく訳文を作れていませんでした。
先生にも「いかにも手抜きしたって感じだね」と
いわれたことまであり、落ち込みの連続でした…
じっくり訳文を練る時間がなくても
短い限られた時間で それなりの質の訳文を作る、
それがプロなのだと思いました。
ビシバシ指摘された分
学んだことも多かったと思いたいですね…。
今後は通信講座を続けながら
通学の方は日程しだいで継続するか決めようと思います。

8月は保育園をお休みしていたジャイ子ですが
9月もよっぽど忙しい時期以外は
お休みの予定です。
仕事量を減らした今、保育料分
稼げるか保障がありませんので、
しばらくは本当に忙しいときだけ
一時保育にするとして
またママとべったりの日々です。
ちょっと恐ろしいですが、同時に少し楽しみでもあります

さて、話は変わりますが
今日のおやつは グリコのカプリコ。
ハナコが
「ママ~今日のカプリコ、生(ナマ)だよー ちょっと食べてみて」
というので一口もらったら
室温でいい感じに溶けてました…
たしかに生っていう感じかしら…
エアコンなしで過ごせるとはいえ
まだまだ暑い日も続きますね。

とはいえ
明日から9月、気持ちを入れ替えて
がんばりましょう
スポンサーサイト
別窓 | 翻訳と育児 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
きつかったです。
しばらく急ぎの仕事や キツめの仕事を
敬遠してきた私ですが
前回の歯の一件で弱気になり
1つ受けてしまいました。

これがある映画のプロダクションノートだったのですが
かなり、きつかったです。

プロダクション・ノートは英語自体はかなりシンプルなのですが
とにかくリサーチが多い、新人に回ってきやすい仕事の1つだと思います。

これまでの出演作の邦題や人物表記など
確認しなければならないことが多く
映画関係のデータベースでひたすら確認するわけです。
これは普通の翻訳で辞書を引く回数に比べたら
とてつもなく多いといってよいでしょう。

今まで10ページ程度の短めのプロダクションノートの和訳や
英訳で数ページという短いものは あったのですが
今回のは…それらの比ではなく…多いし…大変だし…

邦題も有名なものならわかっていても
未公開のものも少なくありません。
日本のサイトには出てこないものもかなりあります。
スクリプトに誤りがあることも多く
the や thing という単語が抜けていたり
逆に余計についていたりすると これがまた確認するのが大変なこともあります。
おんなじタイトルのものが複数あることもあります。

スタッフや俳優・女優の人物の表記も
ヴィクトルだと思っていたらヴィクトールだったり、
マイナーな人だと日本語のサイトにほとんど出てこなかったり
有名な人でも自分の思い込みがあったりするので
あなどれません。
(たとえば シュワさん。all cinema では
 シュワルツネッガー → シュワルツェネッガー ですしね。)

映画関係だけならまだしも
スポーツ業界や音楽業界に話が発展していることも…

プロダクション・ノートのチェックのとき
翻訳者さんが「未確認」としていることが
今まで結構あったのですが
これは理解できるーと、今回改めて思いました。
かといって新人の私が「未確認」として
納品してしまうのも、かなり勇気がいることです。
恐ろしくて簡単にはできません。

結果、42時間、連続で起きてました。

その間に子供たちの世話をしている時間もあるので
42時間ひたすら翻訳していたわけではありませんが
大体の作業時間を自給に換算してみたら
かなり泣けました

ジャイ子が昼寝したとき10分でも一緒に寝ようと思ったのに
寝ている妹を
コチョコチョして起こしたオバカコザルが2匹いましてね…

昨日は子供たちより先に夢の世界へ行ってしまいました。
やっぱりあんまり無理できない歳になってきましたねー

別窓 | 翻訳 | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
よろめいてます・・・
忙しさにかまけてずっと中途半端になっていた歯医者さん。
昨日久しぶりに行ってきました。

のけぞりました。

最終的な「うわもの」を保険外にすると
安いほうで7万円ちょっと
高いほうで10万

よろめいています…

かといって保険内で収めて
奥歯とはいえ 思い切り笑ったら
銀歯がキラーンというのもいただけません。
まだ30代ですしね。

8月はあまり仕事をしていなかったから
8月分の収入はこれで吹っ飛んでしまいます

今は勉強したほうがいいし 子供たちを寂しがらせてまで
ガツガツ仕事をしないと誓った私ですが
思いがけない出費に弱気です。
遅れているギャラの請求も もう一回しなければ。

ところで。

ちまたでは朝青龍がメディアをにぎわせていますね。
バッシングが過熱気味では…と心配になってきたのは私だけ?

私たちもイチローがなんかやらかして(ありえないと思いますが)
アメリカでバッシングされまくったら あまりいい気はしないのでは…?

横綱は強さだけでなく
品格のようなものも求められるから
仕方ないといえば仕方ないのでしょうかね。

ところで。(2回目)

ちょっと前「解離性障害」が報道されたとき
NHKでは「かい離」民放(私が見たのは日テレとTBS)では「解離」と
テロップが出ていましたね。
NHKの用字用語にも朝日の用語の手引きにも
「乖離」のほうしか出ていなかったのですが
『記者ハンドブック』には「解離性障害」で載っていました。

記者ハンドブック -新聞用字用語集 第10版- 記者ハンドブック -新聞用字用語集 第10版-
共同通信社 (2005/03/10)
共同通信社

この商品の詳細を見る


使い分けの説明などが 結構わかりやすいです。


別窓 | つれづれ | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
クイズグランプリ
ハナコの幼稚園の夏期保育というのが始まり
そろそろ夏休みも本当に終わりです…
タロウさん、お願いだから少しは焦ってよーと
かげながら願う母であります。

さて タイトルのクイズグランプリ。
何のクイズかというと 世界遺産についてのクイズ。
ちょっと挑戦してみようかな、と思ったらこちらから↓
http://www.unesco-kids.com/pc/

基本は小学生向けのクイズなので
ありえない選択肢があったり さほど難しくはないものもあるのですが
これが結構なかなか骨があります(少なくとも私たち親子には)。

たとえば迷ったのがコレ。
Q.グランド・キャニオンで見られる地層は、
  古生代と次のうちどれ?
 A.先カンブリア時代
 B.白亜紀
 C.ジュラ紀
 D.すべて

「ママーはくあきとかジュラきとかって何これー?」
ええと、白亜紀、ジュラ紀はね…高校のときに確か…習ったよ…これは確か…
頼りない記憶をたどりつつ 調べる母でありました(威厳ゼロ)。

全部で30問、フランス世界遺産の旅という
豪華商品もあります。

難しいものもネットで調べがつきますので
(さっきの地層の答えも旅行会社のHPにも出ていました)
夏休みの終わりに挑戦してみてはいかがでしょう?
これをあえてネットでは調べず
図書館などで調べさせれば
いい勉強にもなるでしょう。
(そう思うだけで 
 宿題も終わってない息子に実行させる気力はございませんが…)




別窓 | つれづれ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
レミーのおいしいレストラン
宿題がとりあえず半分終わったので
タロウ・ハナコを連れて『レミーのおいしいレストラン』
やっと観てきました。
http://www.disney.co.jp/movies/remy/

子供たちと一緒なので吹替版です。

映画は…

面白かったですよー

映像もとてもきれいでパリに行きたくなりました

ラタトゥーユ、久しぶりに食べたくなりました
私が作っていたのは 野菜を炒めて煮ただけという感じでしたが
映画に出てきたような 見た目もきれいなのも作ってみたくなります。

こうやって すぐ影響されてしまう私ですが
この映画、ストーリーもよくできていて
途中であきさせないので
子供たちの集中力が途切れることもなく 楽しそうに観てました。

お勧めです
日本ではこういう題名ですが
原題は"Ratatoille"、rat…とてもしゃれていると思いました。

同時上映(?)の『リフテッド』も面白かったです
別窓 | 映画・ドラマ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
年末並みの・・・
我が家のお盆休みは
年末並みの大掃除に終わりました。
丸々3日はかかったかな…

やっと人間的に暮らせます。
急な来客にも慌てません。すごく嬉しいです

夏休みも あと残すところわずかですが
タロウさまもようやく宿題に取り掛かり始めました。
小学2年生にして
「磯野カツオ」か「ちびまる子」か
という生活でいいのでしょうか。
「絵日記は1~2枚だから大丈夫~」と言っていたら
「生活表」というものに「予定・したこと」を記入する欄があって
今頃慌てている…

とはいえ 私も人のことは言えません
8月から通信講座を始めたのですが
ギリギリになって課題に取り組み
提出期限9:00をなぜか18:00と勘違いしていて
その日の朝に気づいて かなり慌てていました
私こそ、「ちびまる子」なのでしょうか。
というか、タロウは私に似たのでしょうか。
いや、親がこんな生活してちゃ、ダメということでしょうか。



別窓 | つれづれ | コメント:7 | トラックバック:0 | top↑
流れ星
昨日の深夜から今朝未明にかけて
ペルセウルス座流星群がみられるというので
昨日は昼間はおとなしくしていて
がんばって夜更かししました。

ちょっとした林があるところの駐車場まで歩いたら
結構星が見えて びっくり。

夜更かしといっても
さすがに子供と一緒なので日付が変わるぎりぎり前だったのですが
なんとか流れ星も見えました首はかなり疲れました

私が子供の頃は 田舎に住んでいたにもかかわらず
流れ星なんて見たことがありませんでした。
子供たちにとっては
キラーンと流れる流れ星は結構感動モノ。

一応ジャイ子以外の全員が
最低ひとつ流れ星をみたところで
プチ観測会は終了。

「うれしいなぁ」「きれいだったなぁ」と眠りについた子供たちは
満足げな表情で 私もうれしくなりました。

深夜の駐車場に
ジャイ子さまの「キラキラ星」が響きわたって
慌ててしまったのも 数年後よい思い出になるのでしょうか。



別窓 | つれづれ | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
第15回キンダー・フィルム・フェスティバル
日焼けで痛い背中を我慢しつつ
第15回キンダー・フィルム・フェスティバルに行って来ました。
http://www.kinder.co.jp/

11:00~の回を観るはずが
渋滞で間に合わず
次の13:00~ 15:00~ の2つを鑑賞しました。

昨年も少し観たのですが
キンダーの作品は じ~んと胸にしみたり
心が温かくなったり 子供の頃に戻って
わくわくできる作品がたくさん
声優さんがその場で吹替してくれるボイスオーバー上映も
魅力の一つだと思います。

今年の作品の中には
主役〈声優)がヒュー・ローリーというものもあってびっくり!

また、会場で目標としている翻訳者さんに
お会いすることもできました
彼女の翻訳は やはりとてもお上手で
子供たちも夢中になって観ていました。

子供たちの反応がものすごくよいので
(いつごろから日本人は映画を静かに見るように
 なるんでしょうね?)
翻訳という観点でもすごく勉強になります。
「こういう言い回しも通じるんだなぁ」
「ここは 説明して訳さなくてもわかるんだな」
などと 考えつつも
映画自体も楽しめました。


こどもの城でも遊べるので
http://www.kodomono-shiro.or.jp/
小さなお子さんも楽しめます。

表参道ヒルズも近いですよ~。
お近くの方は、ぜひ。12日までです。





別窓 | 翻訳と育児 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
おなかの中が危ないぞ!
帰省中は「遊びの合宿」とでも言いましょうか
子供たち一緒にキラキラした夏休みを
堪能してきました。

毎日予定も遊びもてんこ盛り。起きてから寝るまで遊ぶ子供たち。
海、山、動物園。
タロウは姉夫婦に連れられてホタルも見て来ました。
(夜のお出かけはハナコとジャイ子や小さいいとこたちはお留守番)
私は滞在中、ビリーも体験しましたーしっかり筋肉痛になりましたー

たまりまくった仕事を片付けるのに
戻ってから 夜は3日間、PCにくぎ付けとなった私…
(自業自得)

そして寝不足の中 昨日は ヤクルトの工場見学に
行って来ました。

ハナコのお友達のお母さんが
ヤクルト工場の見学を計画してくれていたのです。

ヤクルトのちょっとした歴史や作り方などが学べます。
http://www.yakult.co.jp/chiba/

計画してくれたお母さんは
「最近、これは何でできてるの?
 どうやってつくるの?」とよく聞かれるので
何かの工場見学に行ってみたいなーと思ったのだということです。
漠然と口にするより
ずっといいことですよね。

私も勉強になったし
いろんな国のヤクルトやソフールの容器が
あっただけでも面白かったし。
「おなかの中が危ないぞ」というビデオを見て
ちょっとドキッとしたりもしました。

そして、こんなにもらっちゃっていいの?
というくらい お土産がもらえます。
赤ちゃんも1人にカウントされますので
うちなんぞ私を入れて4人分。
(一人あたり:ヤクルト5本パック
 定規、ペン立て、ヤクルトのキャラクターのやっくんのホルダー
 *やっくんがどんな感じのものか
 知りたい方は上のリンク先をクリックしてみてくださいね)

さすがにヤクルトは子供が1人の友達に
おすそ分けしました。20本は飲み切れませんからね…

他のグループでも赤ちゃん連れが多かったのは
こういうこと…?いや、違うって。

しかしどこの赤ちゃんも おとなしく抱っこされているのに
友達のところのジャイ子と同じくらいの子も
ちゃーんと座って ビデオをみてるのに
ジャイ子さまときたら…

説明やビデオ上映の間も
歩き回るし「ママーこれなに?」「ママーこれなに?」と
大声で聞きまわるし
一番後ろに行って抱っこして
少し落ち着いたと思いきや
一番静かなところで

 きーあーきーあーひーかーりゅー
  おーしょーあーのーほーしーよー


と、いきなりすばらしい日本語と音程
しかも かなりの大声で 歌い出すし…

その時点ですでに、ぐったり。

見学が終わっても
子供たちは遊びまくり ママ(私だけ)はぐったり…
ハナコの友達の中で仲良くしているママたちは
平均で5歳ぐらいは私より若く、20代のママも少なくないのですが
みんなしっかりしている上に
やっぱりパワフル
見習わねば…

別窓 | つれづれ | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
| ミントの映像翻訳者への道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。