駆け出しの映像翻訳者の日記です。洋楽、映画、海外ドラマの話、子育ての話、翻訳の話などを、不定期で更新中。ホントに、すごく不定期です。ごめんなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
法律英語?!
法律英語入門 法律英語入門
尾崎 哲夫 (2006/04)
自由国民社

この商品の詳細を見る

いきなり 法律英語?
映像翻訳やめて そっちにいっちゃう?

というわけではありません。

ドラマでも映画でも 法廷モノの人気は根強いですね。
『アリー』も大好きでしたがワタシは『ザ・プラクティス』なども
好きでした。再放送しないかなぁ。
法廷モノでなくても 訴訟社会のアメリカ
いろんなところで 法律関係の言葉が出てきますね。

そういう関係で図書館で借りたんですが
面白かったので 購入することに。
「入門」というだけあって わかりやすい。
法律英語そのもののほかに “文化の違い”みたいな話もたくさん。

jailとprisonが違うとか、知らなかったっす。(ワタシだけ?)

同じ著者がこういうのも出してます。
アメリカ法廷映画ガイド アメリカ法廷映画ガイド
尾崎 哲夫 (2006/04)
自由国民社

この商品の詳細を見る

こっちは あまり専門的な説明はなく
法廷モノのセリフを通して 英語を学ぶ感じです。
こちらも なかなか
スポンサーサイト
別窓 | 翻訳 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
| ミントの映像翻訳者への道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。