駆け出しの映像翻訳者の日記です。洋楽、映画、海外ドラマの話、子育ての話、翻訳の話などを、不定期で更新中。ホントに、すごく不定期です。ごめんなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
知らない言葉
日本語でも新語大賞なんてありますが
英語でも日々新しい言葉が誕生しています。

私のお気に入りのメールマガジンの中に
朝日出版社のもので「辞書にない英語で世界が分かる」
http://www.asahipress.com/eeclub/mm.html
というのがあります。
最新のは114号でしたが、私は電子辞書『E-DIC』
E-DIC 英和|和英 (イーディック) CD-ROM版 新装版 E-DIC 英和|和英 (イーディック) CD-ROM版 新装版
(2005/06/10)
朝日出版社

この商品の詳細を見る

の購入をきっかけに購読し始めたので
80~90号ぐらいから読んだかな。
面白いんですよ、このメルマガ。
で、バックナンバーを見るにしても
90近く読むのも大変かなぁ
と思って購入したのが、このメルマガが本になったもの。
英語 新語・流行語ハンドブック 英語 新語・流行語ハンドブック
英語新語研究会 (2006/11/11)
朝日出版社

この商品の詳細を見る

辞書代わりに使ってもいいのですが、コラムなんかも面白い。

シカゴのニックネーム"Windy City"などは有名で
先日放送が終了した『ペッパー』(FOX)でも
この呼び名が使われたりしてましたが
"Divorce City"って、どこかご存知ですか?
(知らなかったのって 私だけでしょうか…)
これはネバダ州のリノ市で、
まだアメリカで離婚が珍しかった頃に
離婚成立にも時間がかかったらしく
ネバダ州に住んで6週間経てば離婚できたので
この呼び名になったようです。
アメリカ在住なら当たり前のことかもしれなくても
日本にいると分からないことって結構ありませんか?

私は長期で滞在したこともないので
いろいろな分野の新しい言葉や辞書にないような言葉が載っていて
なかなか勉強になりますわ。

ちなみに 今回の私のブログのように(しょっちゅう?)
長々とブログに書くのは "blogorrhea"(blog + logorrhea(多弁症))
というのだそうです。
多弁でスミマセン
スポンサーサイト
別窓 | 英語 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
| ミントの映像翻訳者への道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。